第17回岡山リサーチパーク研究・展示発表会において本学学生がベストプレゼンテーション賞に選ばれました。


2012年9月10日(月)にテクノサポート岡山にて開催された第17回岡山リサーチパーク研究・展示発表会において、本学産業科学技術研究科計算機科学専攻村山研究室の三澤泰広さん(修士課程2年生)がベストプレゼンテーション賞に選ばれました。
発表テーマは「IPネットワークを利用した遠隔制御システムの試作」で、ネットワーク技術と音声認識技術を融合させて、家庭にある電気製品を制御する試みです。展示会場では家の壁を真似た試作 品によるデモンストレーションを行い、研究成果をアピ ールしました。

research_20120910-1 research_20120910-2

岡山リサーチパーク研究・展示発表会とは・・・

岡山県内企業の研究開発を推進するため、県内の大学等の研究成果の発表および交流の場として催すものです。
今回は、62テーマの発表が行われ、その中で特に優秀な発表をした40歳未満の発表者に対して、ベストプレゼンテーション賞が与えられました。

経営情報学科オリジナルサイトはこちら