日本獣医学会学術集会での研究発表


第154回日本獣医学会学術集会において、動物薬物治療看護学研究室(神田准教授ら)のメンバーによって「塩酸キシラジンおよび塩酸メデトミジンがイヌの涙液分泌に及ぼす影響」と題した研究発表が行われました。これに関連したテーマは現在も同研究室で卒業研究として取り組まれています。