卒業論文発表会は盛況のうちに終了


平成24年度の卒業論文発表会も無事に終了しました。たくさんの演題を通して、行われたディスカッションは大変に盛り上がり、後輩たちにとっても良い刺激になったのではないかと思います。皆さん、お疲れさまでした。

なお、学生と教員の投票によって決まるMVPには動物薬物治療看護学研究室の大石君と梶山君による「吸入麻酔下のイヌにおける人工鼻の有用性」が選ばれました。おめでとうございます。

口頭発表の様子

発表を聞き入る学生

MVP表彰を受ける学生たち