芸術学部陶芸有志企画展「土と炎」開催のお知らせ(2014.11.14-24)

  • 2014年10月31日
  • カテゴリー: 芸術学部.
  • 読了時間目安:約 1分14秒

2014年11月14日(金)より、倉敷市美観地区にある本学関連施設、加計美術館において本学芸術学部の陶芸分野を学ぶ学生教員の有志による企画展「土と炎」を開催します。
本展覧会では、色彩豊かな釉薬陶芸作品と大学キャンパス内の備前焼登り窯で制作した約30点を展示。同時に備前焼登り窯の焼成工程がわかる窯詰め・窯出しの写真などを展示します。

伝統技法から自由造形まで、若者ならではの多彩な作品をぜひご覧ください。

土と炎展
会期 2014年11月14日(金)~24日(月)
9時~17時(最終入場16時半)※17日(月)休館
場所 加計美術館
岡山県倉敷市中央1-4-7(TEL:086-427-7530
出展者 【学生】
高木翔平(美術工芸学科3年)
坪井克浩(美術工芸学科3年)
大天太貴(美術工芸学科4年)
難波優介(美術工芸学科4年)
新本龍太郎(美術工芸学科4年)
重廣健(美術工芸学科4年)
中村さおり(美術工芸学科4年)
遠藤友恵(美術工芸学科4年)
髙橋志織(修士課程2年)
岡本詩穂里(博士課程1年)
ギタ・ウィナタ(博士課程3年)
ヌルディアン・イーサン(博士課程3年)
【教員】
岡田輝(教授)
児島塊太郎(教授)
草野圭弘(教授)
井上昌崇(助教)
■ギャラリートーク※学生自身が作品について語ります
日時:11月14日(金)16時~
会場:加計美術館1階

芸術学部オリジナルサイトはこちら