第8回I氏賞選考作品展に本学芸術学部卒業生が多数出品(2015.01.27)

  • 2015年01月27日
  • カテゴリー: 芸術学部.
  • 読了時間目安:約 1分29秒

2015年1月27日(火)より岡山市の天神山文化プラザにて開催される第8回岡山県新進美術家育成「I氏賞」選考作品展。この作品展に、本学から卒業生5名が作品を出品します。
これは、「I氏賞」の最終選考のために、書類審査による1次選考通過者の作品を展示するもので、47名の候補者の中から選ばれた13名の作品を展示します。

今後の活躍が期待される本学芸術学部卒業生の作品をぜひご覧ください。

会期 2015年1月27(火)~2月8日(日)
※月曜日休館
時間 9時~17時
2月6日(金)は12時まで、最終日は16時まで
会場 岡山県天神山文化プラザ2階第3展示室(岡山市北区天神町8-54)
出品者(本学卒業生のみ) 浅野有紀さん<日本画>
(1期生・大学院芸術研究科修士課程修了)
有永浩太さん<ガラス工芸>
(3期生・芸術学部工芸学科卒業)
梶間智絵さん<陶芸>
(11期生・芸術学部工芸・デザイン学科卒業)
児島慎太郎さん<油画>
(2期生・芸術学部美術学科卒業)
中本研之さん<陶芸>
(1期生・芸術学部工芸学科卒業)
I氏賞とは・・・
岡山県にゆかりのある新進気鋭の美術作家に対し、賞を贈呈するとともに、発表の場を提供するなど創作活動を支援し、次代を担う美術家を育成することを目的として、2007年度にスタートしたものです。
岡山県内外の推薦委員から推薦された作家を対象に、書類審査に よる1次選考の通過者が出品する選考作品展を開催し、実作品による2次選考をおこなって受賞者が決定されます。
今回は、2015年2月6日(金)に受賞候補者が選考されます。
→詳しくはこちら

芸術学部オリジナルサイトはこちら