倉敷芸術科学大学 芸術学部

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

ホーム > デザイン芸術学科

新たなる創造の地平をめざして
デザインとアートを学ぶ。

自分に合った学びを組み立て専門性と総合性を身に着ける。

デザインとアートの11分野の科目から、自分の興味に合わせて自由に選択して学ぶことが出来ます。
例えば、グラフィックデザインをメインに、イラストレーションや油画を同時に学ぶことで発想力や企画力を養うなど。もちろん、徹底して一つの分野を掘り下げるのも自由。一人ひとりの可能性を最大限に広げられる学びを組み立て、自分らしい専門性と総合性をつくり上げていきます。

学科の特徴

11の造形分野の
専門性と総合性

デザインとアートの2領域11分野。 それぞれの専門性と、分野を融合した総合性の両面から、新たな価値創出の理論と実践手法を学びます。

産学官連携で磨く
実践力・就業力

全学年を通じておこなわれる総合プロジェクトでは、産学官連携プロジェクトを通して実社会のテーマに取り組み、実践力と就業力を磨きます。

中学・高等学校の
美術教員をめざせる

資格関係科目を履修することで、中学校・高等学校教諭一種免許(美術)や博物館学芸員などの資格も取得できます。

各分野の紹介


各分野の紹介


取得できる資格

中学校教諭一種免許状<美術>
高等学校教諭一種免許状<美術>
博物館学芸員資格

教員の紹介

後藤 秀典 (グラフィックデザイン/ブランドデザイン)
濱坂 渉 (デザイン基礎/造形)
村上 良子 (テキスタイルデザイン/織)
柳田 宏治 (プロダクトデザイン/ユニバーサルデザイン)

久保 美沙登 (ファッションデザイン)
吉田 磨希 (イラストレーション)
クリストファー・ウォルトン (イラストレーション/グラフィックデザイン)

磯谷 晴弘 (ガラス工芸/吹きガラス)
児島 塊太郎 (釉薬陶芸/織部焼)
時光 新吾 (彫刻/塑像)
五十嵐 英之 (絵画表現/絵画組成)
草野 圭弘 (無機材料化学/セラミック材料学)

近藤 千晶 (絵画)
張 慶南 (ガラス工芸/キルンワーク)
井上 昌崇 (陶芸/志野焼 釣釜)
川上 幸之介 (現代アート)
松岡 智子 (美術史/博物館学)