倉敷芸術科学大学 芸術学部

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

ホーム > メディア映像学科


多様化するメディア技術とコンテンツビジネスを
総合的に理解する力を養う。

今日の情報技術の進化・普及は留まることを知らず、情報ネットワークは私たちの生活の基盤となるモノや空間にまで深く浸透しつつあります。
コンテンツの提供手段がデジタル化し、多様化されたことにより、我が国のマンガやアニメ、ゲームなどは、ますます重要な産業として位置づけられています。これからの豊かなデジタル社会を担う人材として、新たな価値を創造するクリエイターの養成に加えて、メディア技術やビジネスを理解し、総合的に判断してメディア環境をプロデュースする人材の養成が求められています。

メディア映像学科には、マンガ・アニメ、コミックイラスト、ゲーム・Webデザイン、映像・放送の4つのコースがあり、進化するメディアに対応した質の高いコンテンツを創造するクリエイターとともに、メディア技術やコンテンツビジネスを理解し、総合的に判断してメディア環境をプロデュースする人材の育成を目指します。

学科の特徴

専門性の高い
実践教育 

専門分野で実績のある教員を多く配置し、作品を制作する過程を重視した実践教育を主に、専門性の高い教育をおこなっています。

進化する
メディア環境に応える

ジャンルを超えた幅広い基礎教育でメディア技術とコンテンツビジネスを総合的に理解した、質の高いクリエイターを育成します。

プロフェッショナルを
育成する少人数制

密度の高い少人数制のゼミで、学生の個性をのばし、将来的な視野を持った人格形成と技術修得を目標に教育をおこなっています。

コース紹介

マンガ・アニメコース

今やマンガとアニメは日本が誇る文化であり産業です。
このコースでは、マンガとア二メーションの基本から応用までを学びます。演出や演技を踏まえた表現を提案できる漫画家、アニメー夕ーやアニメーション作家を育てます。
詳しくはこちら

コミックイラストコース

小説の表紙やゲーム、広告などさまざまな分野でニーズが高まっているコミックイラスト。このコースでは、芸術学部ならではの高いデッサンカと主体造形に加え、最新の設備環境でCG創作技術を学び、表現力と技術を兼ね備えた人材を育てます。
詳しくはこちら

ゲーム・Webデザインコース

ゲームやWeb、モバイルなどの企画・制作から、3DCGやスマートフォンなどのプログラミングまで、幅広くメディア映像の仕組みを学びます。ゲームクリエイターやWebデザイナーなど、多彩なメディア環境をプロデュースできる人材を育てます。
詳しくはこちら

映像・放送コース

映画やコマーシャル、番組などの映像に関する知織と制作技術に加え、「話す」 「聞く」技術まで幅広く学びます。
実践的な映像クリエイターや制作技術を持ったアナウンサーやリポーター、声優を育てます。
詳しくはこちら

取得できる資格

高等学校教諭一種免許状(情報)
博物館学芸員資格

教員一覧

教授 神原正明
近藤研二
小出 肇
田丸 稔
中川浩一

馬場始三

准教授 HIME+YOU
丸田昌宏
水田直美

講師 大屋 努


助教 千足

客員教授 大林宣彦
関口照生


非常勤講師

稲垣涌三
大藪誠二
岡﨑遼太朗
垣内由加利
加藤公敬
加藤充美
かぼちゃ

小山壮二
小村雅弘
佐藤安弘
佐野芳彦
鈴木智敬
高橋正紀
滝沢敏文

旦 昌弘
手塚祐基
富松 潔
永井雅之
幡山正人
早川文和
馬場哲治

福嶋弘寿
森 英樹
山下真未