平成26年度文部科学省「地(知)の拠点整備事業」に採択されました(2014.07.25)

  • 2014年07月29日
  • カテゴリー: 大学COC事業.
  • 読了時間目安:約 48秒

この度、本学とくらしき作陽大学との共同事業が、平成26年度文部科学省「地(知)の拠点整備事業」に採択されました。

「地(知)の拠点整備事業」とは、大学等が自治体を中心に地域社会と連携し、全学的に地域を志向した教育・研究・社会貢献を進める大学等を支援することで、課題解決に資する様々な人材や情報・技術が集まる地域コミュニティの中核的存在としての大学の機能強化を図ることを目的としたものです。平成26年度は、全国から237件の申請があり、そのうち25件が採択されています。
この採択された事業は、本学とくらしき作陽大学の2大学が倉敷市と強力に連携して推進するもので、乳幼児から多様な成長・発達の基盤となる五感力に美術と音楽の要素をとり入れたカリキュラムの構築などにより、文化を支える倉敷に根付いた人材を育成することで、その成果を地域へ還元していくことを目的とする事業です。

詳しくはこちらをご覧ください。

「地(知)の拠点整備事業(COC)」共同事業