「地(知)の拠点整備事業」に関する講演会を開催しました(2014.12.04)

  • 2014年12月08日
  • カテゴリー: 大学COC事業.
  • 読了時間目安:約 39秒

2014年12月4日(木)、毛利嘉孝氏(東京芸術大学准教授/社会学者)と大坂紘一郎氏(SCAI THE BATHHOUSEキュレーター)とをお迎えし、本学において記念講演会を開催しました。
これは、本学の「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」の主要テーマの一つ「倉敷アートスタート研究」事業の一環として開催中の、ヨシュア・オコン展の関連イベントとして行ったもので、毛利氏には「DIY精神とアート」と題した講演、大坂氏には展覧会の解説を行っていただきました。当日は、学生や一般の方など約50名の参加があり、現在の社会環境への新しいアプローチ方法を学び、実践できる具体的な方法を知る貴重な機会となりました。

本学大学COC事業の詳細についてはこちら