第2回「COC事業 倉敷みらい講座」を開催しました(2014.12.15)

  • 2014年12月17日
  • カテゴリー: 大学COC事業.
  • 読了時間目安:約 43秒

2014年12月15日(月)、本学1号館にて「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」の第2回「COC事業 倉敷みらい講座」を開催しました。
当日は、両大学関係者、市役所、一般参加者、学生合わせて、約90名の方が参加。講師の萬代忠勝教授からは、『何故、備災・減災なのか』と題し倉敷市の地理や地形などから起こり得る災害の状況などについて、重い話題ながらもわかりやすく説明していただきました。また講演後には、高まる防災意識から、災害への備えや実際に減災していくにはどのようにしたらいいのかなど、熱心な質疑応答も行われ、地域住民の関心の高さが伺える講座となりました。

次回、第3回倉敷みらい講座は2015年1月24日(土)、くらしき作陽大学にて行われる予定となっております。詳細内容につきましては決定次第お知らせいたします。