競争的資金について

倉敷芸術科学大学が実施している競争的資金制度(倉敷芸術科学大学プロジェクト推進経費)を紹介します。

平成26年度文部科学省採択「地(知)の拠点整備事業」

「地(知)の拠点整備事業」とは、大学等が自治体を中心に地域社会と連携し、全学的に地域を志向した教育・研究・社会貢献を進める大学等を支援することで、課題解決に資する様々な人材や情報・技術が集まる地域コミュニティの中核的存在としての大学の機能強化を図ることを目的としたものです。平成26年度は、全国から237件の申請があり、そのうち25件が採択されています。
この採択された事業は、本学とくらしき作陽大学の2大学が倉敷市と強力に連携して推進するもので、乳幼児から多様な成長・発達の基盤となる五感力に美術と音楽の要素をとり入れたカリキュラムの構築などにより、文化を支える倉敷に根付いた人材を育成することで、その成果を地域へ還元していくことを目的とする事業です。

地(知)の拠点整備事業についてはこちら


平成24年度 文部科学省採択「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」

平成24年度「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」で選定された「産業界等との連携による中国・四国地域人材育成事業」は、産業界等(地元の企業、経済団体、地域の団体や自治体)が大学に期待する教育内容と大学が重視している教育内容の乖離等によるミスマッチを解消するため、中国・四国地域の18大学と産学官が連携しながら教育体制の改善充実を図ることにより、産業界等に貢献しうる人材育成を目的とした取組です。

産業界等との連携による中国・四国地域人材育成事業についてはこちら


平成22年度 文部科学省採択「大学生の就業力育成支援事業」

各大学・短期大学において、入学から卒業までの間を通した全学的かつ体系的な指導を行ない、学生の社会的・職業的自立を図られるよう、大学の教育改革の取組みを支援する事業です。平成22年度より、文部科学省「大学生の就業力育成支援事業」に倉敷芸術科学大学の取組みである「キャリアデザインの発想による産学実践教育」が採択されました。

キャリアデザインの発想による産学実践教育についてはこちら


平成20年度 文部科学省「大学教育充実のための戦略的大学連携支援プログラム」

岡山の主要3都市(岡山、倉敷、津山)に位置する自然科学系大学、高専、研究所が、それぞれの特徴と教育研究資源を結集して「科学Tryアングル岡山」を組織し、「科学による地域の活性化」に挑戦(Try)します。中核組織「連携教育推進センター」がそのエンジンとなり、多角的な視点から科学を見つめ、究め、育み、楽しみ、そして科学で広げる5つのプロジェクトを、大学生は勿論、児童生徒、学校教員、留学生、社会人までの多様な住民に参加いただき実行します。その中で、新産業分野の開拓や留学生を含む様々な人材の交流により、地域産業や産学官連携の推進にも貢献します。また、連携各機関の持続的な活性化を図るため、各機関が有する教育研究資源の共用や、学生に対する先進的科学教育プログラムの提供、新理科教員養成プログラムの支援、留学生支援の共同開発・実行に取り組みます。

科学Tryアングル岡山についてはこちら


平成18年度 文部科学省現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)

現代GPとは?【Good Practice:優れた取組】
文部科学省が平成16年に開始した、国公私立大等における学生教育の質の向上を目指す優れた教育プロジェクト(取組)を支援する事業です。本学は次代を担う優れた人材育成を推進する取組として平成18年度に中四国唯一の私立大学として、選定されました。

人生を展望した総合的キャリア教育の実践についてはこちら 

 

お問合わせ

学外連携センター
TEL:086-440-1004
E-mail:shien@kusa.ac.jp

Facebookでコメントする

Last Updated:2016/02/10