倉敷芸術科学大学の取組について

img
  • topcultivation link
  • whatscultivation link
  • aboutcultivation link
  • 平成24年度活動一覧
  • 平成25年度活動一覧
  • 刊行物のご案内

Outline 取組の概要

本学は、芸術学部、産業科学技術学部および生命科学部の3学部で構成されています。本学を設置する学校法人加計学園の建学理念である「ひとりひとりの若人が持つ能力を最大限に引き出し、技術者として社会人として社会に貢献できる人材を養成する」に基づいて、「生涯設計に基づいた明確な勤労観と職業観を身に付けた人材の養成」を方針・視点として、学生の社会的・職業的自立のため、さまざまな取組を実施してきました。本事業では、この方針・視点をさらに発展させ、産業界との連携と大学間連携を重視して、以下の4つの取組を推進します。

 

取組1 産業界・大学間連携によるキャリア教育の充実

-学生の職業観・勤労観を高める!-

本学では、人生を展望した視点からキャリア教育科目として「人生と仕事Ⅰ」「人生と仕事Ⅱ」「キャリア・ラーニング」「キャリア・チャレンジⅠ・Ⅱ」を開設し成果をあげてきました。本取組では、職業観・勤労観を高めるために基盤となる重要な科目である「人生と仕事Ⅰ」「人生と仕事Ⅱ」において、受講生にアンケートを実施し、産業界のニーズに対応できるよう内容の充実を図ります。
また、本取組ではこれに加え、各学科の教育目標に沿った「キャリアマップ(いつまでにどのような力をつけるかがわかるマップ)」の作成を行い、学科の支援体制と部署間の支援体制の2つの総合的支援体制で学生を支え、産業界の求める人材の理想像に近づけます。

img

 

取組2 学生マイスター制度の充実

-専門的職業人としての実践教育!-

岡山県内の優良企業グループと連携し、グループ企業での就業体験、企業内研修への参加、大学に実学家講師を招いて実学的実践教育を実践しています。これにより、企業が求める専門的職業人(マイスター)をめざした産学実践教育「学生マイスター制度」をより充実させます。
グループ企業に学生が出向き、企業のキーパーソンに取材形式でお話を伺い、学生自身が産業界のニーズを把握し、なおかつホームページ等で発信することで「聞く力」「発信する力」等のコミュニケーション能力の向上を図ります。

img

 

取組3 インターンシップの充実

-地域密着型インターンシップモデルの開発!-

中国・四国地域における大学グループが連携して、インターンシップを中心とした実践・実習型の教育が、真に効果を発揮するためのプログラムのあり方を検討します。倉敷芸術科学大学では、平成24年度から外部諮問委員会を設置し、これからのインターンシップや人材養成のあり方について、倉敷エリアを中心に産業界や行政関係の有識者から指導助言を得ています。地域の中核的教育拠点として、産業界のニーズに、より的確に対応したインターンシップや人材養成を展開します。

 

取組4 e-ポートフォリオの充実

-学生自身が自分を見つめ直す!-

大学生の就業力育成支援事業において、芸術学部美術工芸学科のキャリアデザインコースでe-ポートフォリオの導入を行いました。学生自身の振り返りを意義深いものと実感するためには、大学内で機能別にe-ポートフォリオを導入する必要性が高まっています。そこで、本取組では資格免許を取得して教師を目指す教職課程を中心に、e-ポートフォリオの導入、検証、評価を行います。そして、本学独自のe-ポートフォリオについて検討を行い、学生が4年間の振り返りが可能な体制を構築します。

これまでの取組から

連携企業関係者の声

「学生マイスター制度」のプログラムとして、実務家教員による出張授業、企業内研修へのオブザーバー参加、イベント型インターンシップ等を実施してきた。その成果として、学生の就業に対する意識が確実に高まっていることを実感している。特に企業関係者とのコミュニケーション能力が向上している。

株式会社 両備ホールディングス
課長 東藤 隆弘氏

取組の全体を通して入居者様は感動されていて「こんなに良くしてもらって一生の思い出に残ります」という声も上がっていたほど、確実にコミュニケーション能力がついてきました。また、学生さんのお年寄りに対する「やさしさ」や「尊厳」が伝わってきて社会人としての基礎的能力もついてきたと思います。

介護付有料老人ホーム サン・オークス倉敷
総務部長 立川 裕一氏

参加学生の声

「学生マイスター制度」のコースに参加して、一般常識がいかに大切かが分かりました。自分に何が向いているのか改めて自分と向き合って見つけていきたいです。また、自分が生きる意味を仕事との関連で考えると同時に、自分の能力や適性を知った上で企業・会社選びをしていきたいです。

社会人に求められる心構えなど確かにそうだなと納得できる反面、自分が今学んでる絵画といったジャンルは自らとの向き合いが重視されるので、両方の能力を同時に高めるのが難しいなと思いました。また、今学んでることが実際職場でどのような場合だったら有益に使えるのか、様々考えさせられます。

社会人として活躍するために必要な幅広い知識・技能を得るために、専門分野以外の授業にも出て視野を広げています。

現状を分析し、目的や課題を明らかにする能力。

グループ作業や、社会に出ての活動で、たくさんの人と関わりあって、気配りのできている仕事ができるように頑張っています。

お問合わせ

学外連携センター
TEL:086-440-1004(平日AM9:00~PM17:00)
FAX:086-440-1004
E-Mail:shien@kusa.ac.jp

Facebookでコメントする

Last Updated:2016/02/10