大学院通信制修士課程

img

通信制は、自宅学習が基本となり、併せてスクーリングがおこなわれます。そのため、学部を卒業した方、就職されている方など個々のライフスタイルに合わせた方法で学習が可能となり、また通学制の大学院と同じ教育サービスを受けることができます。例えば、本学においては実験・実習室、図書館等の施設・設備の使用は、スクーリング時に可能となるため、実験・実習・制作の他、専門書を読んで知識を深めることができます。他にも、キャンパス・ネットワークの利用もできます。本学は中四国でも有数のキャンパス・ネットワークシステム、いわゆる学内LANを構築しており、ギガビットクラスでの情報収集と発信が可能です。この恵まれたキャンパス環境を利用して、自由に制作・研究を、そしてさらなる資格取得を目指してみませんか?

  • 芸術研究科 美術専攻の詳細はこちら
  • 産業科学技術研究科 機能物質化学専攻の詳細はこちら
  • 人間文化研究科 人間文化専攻の詳細はこちら
  • 大学院通信制パンフ

芸術研究科 美術専攻

絵画、造形の分野で、現在活躍している教授陣を擁し豊かな感性・人間性の育成を目指すと共に、専門分野の理論研究を深めつつ、さらに芸術の複合化という新たな状況への対応を含めた院生個々にテーマをもって、その表現の可能性を模索し、切り開いていきます。
本学の豊かな自然にかこまれた環境のもとに、新たな創造と伝統を作っていきたいと考えています。

系列 教員氏名 主な研究内容
現代表現 五十嵐英之 表現領域の多様性を踏まえ、自作品と現実世界や現代との関係や意味を考察し制作研究を行う
油画 近藤千晶 空間表現を絵画の成立要素のひとつとしてとらえる等、三次元や四次元の世界をどのように二次元の画面に現すことができるのかを考察しつつ、新たな絵画表現、空間表現の制作研究を行う
関連科目 神原正明 ・西洋美術を中心とした絵画・彫刻・建築の様式的図像学的研究。
・映像およびメディア表現の歴史的考察
松岡智子 ・日本と西洋の近代美術史;日本近代における西洋の創造的受容
・博物館学;現代フランスと美術館
濱坂渉 環境造形や彫刻表現全般に関わる構成や秩序、素材に適合した表技法等の総合的な研究の質的達成を目標とし、独創的なコンセプトによる表現や、意欲的な試みを推奨する
時光新吾 空間性や量塊性、動勢など立体造形的な視座から、領域横断的に絵画的表現の多様な可能性について考察する
田丸稔 身体感覚、特に内触覚性に着目した塑造表現の有り様を参考にしながら、各々の制作において自らの感覚経験を辿ることにより、領域横断的に独創的な表現を探求する

※系列・科目・担当者については変更になることがあります

産業科学技術研究科 機能物質化学専攻

機能物質化学専攻では、教育と研究に等しく重点を置きながら生きた教育を行います。化学はもとより、薬学、医学、コンピュータ、化学工学などの出身教員が、互いにその専門領域の垣根を取り払った教育と研究により、柔軟な探究精神と統合的視野をもって物事を判断し得る能力を備えた人材を育成します。

系列 教員氏名 主な研究内容
機能分子化学 萬代忠勝 制癌剤・抗ウイルス薬の合成研究
岡憲明 微生物と植物の環境適応と相互作用
奥本寛 均一系遷移金属触媒反応の開発と機能分子合成
仲章伸 有機ケイ素ポリマーの特性と機能材料への応用
宮野善盛 流体の物性、平衡とその工学的応用
佐藤恒夫 高選択的有機化学反応の開発
岡田賢治 バイオベースポリマー材料の開発に関する研究
大杉忠則 食品由来の機能性物質に関する研究
分子細胞病理学 坂口卓也 神経細胞の変性および再生の機構解析
三宅康之 甲状腺癌および体腔液悪性細胞の分子生物学的解析
岡田誠剛 イオンチャネルの神経生理作業の研究
矢口貴博 癌細胞におけるATP-binding cassette(ABC) transporterの発現制御機構の解析

※系列・科目・担当者については変更になることがあります
*指導教員になれません

人間文化研究科 人間文化専攻

個別の先鋭的な研究の成果により、人間にとって快適で利便的な生活環境を実現してきました。しかし、一方で大量生産・大量消費・大量廃棄社会における問題点を克服するべき多くの課題もあります。これからの社会においては、地球環境および日本社会や国際社会を総合的・包括的に理解し、より正確な情報に基づき、より的確な時代認識を獲得することの重要性が急速に高まってきます。こうした意味から個別の研究成果を横断的にコラボレートし、新しい発想の学問領域を開拓していくための研究と人材育成が緊急的課題としてクローズアップされています。人間文化研究科はその視点で成立している研究科です。

系列 分野 教員氏名 主な研究内容
教育・文化 教育学 赤木恒雄 生涯学習の理論および学習方法に関する研究
小山悦司 職能開発に関する諸理論の研究
唐川千秋 生活環境と行動・学習との関係とストレスを中心に研究
社会科学 国際政治 時任英人 日本・米国・中国の外交史
国際経済 河野正英 国際取引法の適用範囲についての研究
健康・環境科学 運動科学 柏尚裕 健康スポーツ医学に関する研究、特に週1~2回の1回30分程度のジョギングでフルマラソンを完走できるかの研究
健康生活 吉田悦男 生活習慣病、特に血栓症に関する研究
大川元久 救急・災害医療に関する研究、特に病院前救急医療・医学研究
矢田貝智恵子 健康維持増進やスポーツ時などにおける食品の役割に関する研究
エネルギー環境保全・地球科学 山本健治 適切なエネルギー文化確立のための環境計量的な科学研究
妹尾護 地下水・河川水の水質汚染、土壌の有害金属汚染

※系列・科目・担当者については変更になることがあります
○2017年3月退職予定

Last Updated:2016/04/15