産業科学技術研究科

img

産業科学技術研究科 修士課程

機能物質化学専攻

教育と研究に等しく重点を置きながら生きた教育を行います。化学はもとより、医学、化学工学、細胞生物学などの出身教員が、互いにその専門領域の垣根を取り払った教育と研究により、柔軟な探究精神と統合的視野をもって物事を判断し得る能力を備えた人材を育成します。

系列 教員氏名 主な研究内容
機能分子化学 萬代忠勝 海洋産制がん剤および抗インフルエンザウイルス薬の合成研究
岡憲明 微生物および植物細胞を用いた物質生産・変換研究
佐藤恒夫 高選択的有機化学反応の開発
奥本寛 機能性有機分子の開発
仲章伸 有機ケイ素ポリマーの特性と機能材料への応用
岡田賢治 バイオマスプラスチック材料の開発
宮野善盛 流体の物性・平衡とその工学的応用
大杉忠則* 食品由来の生理活性物質の検索
分子細胞病理学 坂口卓也 神経細胞の変性および再生の機構解析
三宅康之 甲状腺癌及び体腔液悪性細胞の分子生物的解析
岡田誠剛 イオンチャネルの神経系での生理的役割の検討
矢口貴博 子宮体癌幹細胞特異的ABC transporter の発現制御機構解析
取得できる免許状 : 中学校教諭専修免許状(理科)、高等学校教諭専修免許状(理科)

※系列・科目・担当者については変更になることがあります
*指導教員にはなれません

修士課程学位論文審査基準はこちら

産業科学技術研究科 博士課程

機能物質化学専攻

機能分子化学系
医薬、機能性食品(特定保健用食品)、機能性有機材料、機能性無機材料、化学プロセス等を分子レベルで化学的、生化学的にデザインし、より機能的に優れた付加価値の高い機能物質の研究開発を指導する。

系列 教員氏名 主な研究内容
機能分子化学 萬代忠勝 海洋産制がん剤の新規大量合成法の開発研究及び抗インフルエンザ薬タミフルやリレンザの新規合成法の開発研究をする。
佐藤恒夫 有機化合物の合成デザインに必要とされる新規有機合成反応の開発を研究する。
奥本寛 紫外線吸収剤、発光分子等の機能性分子の開発を行う。
岡憲明 植物や微生物に含まれる酵素等の機能性分子の解明とその産業的利用について研究する。
仲章伸 新規な有機ケイ素化合物の合成を行い、機能性物質の開発を研究する。
岡田賢治 木質系バイオマス資源を利用して実用可能な高分子材料の開発について研究する。
宮野善盛 気体や液体などの流体の熱力学的性質を、実験的手法、状態方程式などの古典熱力学に基づいた手法、および分子シミュレーション法により解明する方法を研究する。

分子細胞病理学系
新規の疾患診断・治療技術を確立することを目的として、癌細胞・幹細胞・神経細胞などを対象とする分子生物学に基づく細胞病理学の研究を指導する。

系列 教員氏名 主な研究内容
分子細胞病理学 坂口卓也 神経細胞の変性および再生の機構解析を研究する。
岡田誠剛 イオンチャネルの神経系での生理的役割の検討。

※系列・担当者については変更になることがあります
●2019年3月退職予定

博士課程学位論文審査基準はこちら

Last Updated:2016/10/12