生命科学部 健康科学科

倉敷芸術科学大学

トップ » 鍼灸専攻

鍼灸専攻について

東洋医学を学び、「はり師・きゅう師」国家資格を取得。
予防・ケア医療で活躍する。

 東洋医学に基づき、1年次から始まる実習を通じて、統合医療的な健康ケアがおこなえる人材を育成します。はり師・きゅう師の資格はもちろん、アスレティックトレーナー、薬膳を取り入れた食生活指導ができる専門家など、さまざまな専門資格の取得をめざします。

Point

ダブル・ライセンスの
取得が可能

本学は、スポーツ選手の障害予防やリハビリを担当するアスレティックトレーナーの養成校として日本体育協会の認定を受けています。在学中に、はり師・きゅう師の資格とあわせてアスレティックトレーナーの受験資格も取得でき、医療行為がおこなえるトレーナーとしての活躍の場が広がります。

少人数教育を実施

本専攻では、鍼灸のほかにも、アロマセラピー、ヒーリング実習などさまざまな技術を学べるカリキュラムを編成しています。多くの技術を学び、また資格をめざすことによって、自分自身が大きく成長できます。独立開業したときに多くの人々と出会う機会が増えるでしょう。

薬膳とアロマセラピー、
心と身体のケアを学ぶ

本学の付属施設である「ヘルスピア倉敷」にはスポーツ施設が揃うほか、鍼灸ケアセンターがあり、鍼灸に関するさまざまな臨床実習を実施しています。こうした恵まれた教育環境のもとでの現場直結型の学び方が、即戦力の人材を育てます。
ヘルスピア倉敷ホームページはこちら

取得資格

    取得可能な資格
  • はり師・きゅう師
    アスレティックトレーナー
    アロマテラピー
    検定薬膳アドバイザー など

就職・進路

鍼灸師の活躍の場は多彩。いずれは独立開業の道も。

鍼灸師(国家資格名は「はり師」「きゅう師」)の活躍の場は、医療や治療の現場をはじめ多岐にわたります。近年ではエステなど美容・健康分野、スポーツ関連施設、さらに福祉施設などにおいても需要が高まっています。そうした現場でしっかり経験を積み、研鑽を重ねた後は、独立開業という選択肢もあります。今後、予防医学の観点からもますます注目を集める鍼灸には、まだまだ大きな可能性が潜んでいると言えるでしょう。

めざす職業

  • 鍼灸院医療機関
  • スポーツ関連施設アスレティックトレーナー
  • スポーツトレーナー
  • コンディショニングコーチ
  • 介護・福祉施設企業の健康管理センター
  • アロマセラピスト
  • 薬膳アドバイザー
  • エステティック関連など