寄付金に対する優遇税制措置について

寄付者が個人の場合

学校法人加計学園 倉敷芸術科学大学へご寄付いただきました個人の方は、税額控除制度と所得控除制度のうち、どちらか一方の制度を選択して利用することで優遇措置が受けられます。

★税額控除制度

税率に関係なく所得税額から直接控除します。
[寄付金控除額]=(年間寄付金全額-2,000円)×40%
※控除対象額は、所得税額の25%が上限

★所得控除制度

課税所得から控除します。
[寄付金控除額]= 年間寄付金全額-2,000円
※年間総所得金額等の40%が上限

また、岡山県在住(課税地)の個人の方は、個人住民税の内、個人県民税の寄付金控除(控除率4%)が受けられます。
なお、これらの寄付金控除は、確定申告を行うことにより、控除されます。

大学から「寄付金受領書」及び「特定公益増進法人の証明書(写)」、「税額控除に係る証明書(写)」をご送付いたしますので、確定申告書に添付して下さい。

寄付者が法人の場合

法人の寄付金について、税制上の優遇措置は次のとおりです。

①受配者指定寄付金

ご寄付に当たり、寄付金全額の損金算入を希望される場合は、私学事業団を通じた「受配者指定寄付金」の制度をご利用ください。手続きは次のとおりです。

  1. 私学事業団指定の「寄付申込書」と「受配者指定寄付金事務担当者連絡票」に所要事項をご記入いただき、ご提出ください。
  2. 学園指定の口座へお振り込みください。月末に学園から私学事業団へ送金いたします。
  3. 後日、私学事業団が発行した「寄付金受領書」を本学園からお送りします。
 
②特定公益増進法人に対する寄付金

法人の方が「受配者指定寄付金制度」を利用されない場合は「寄付者が個人の場合」で説明しました「特定公益増進法人に対する寄付金」となり、一般の損金算入限度額とは別枠で損金算入が認められます。必要書類をお送りいたしますので、庶務部20周年募金係までご連絡ください。寄付金振込後、当学園から「寄付金受領書」及び「特定公益増進法人の証明書(写)」をご送付いたします。

※詳細につきましては、お近くの税務署またはご担当税理士にお問い合わせください。

 

Last Updated:2015/04/01