動物看護学公開セミナー

チーム動物医療について -動物看護師の役割を理解する-

セミナー演題

  • ○外科・麻酔・画像検査分野のチーム動物医療における動物看護師の役割
  • ○オーストラリアの動物看護師が担うコンサルテーションとは何か

講師

Mik O’Leary 先生

学科長より

ここ近年、国内における動物看護を取り巻く環境は大きく変わりつつあります。海外では多くの国で動物看護師は公的資格化されており、動物看護師の果たす役割もより重要になっています。

そこで、オーストラリアのMik O’Leary先生をお招きし、チーム動物医療における動物看護師のはたす役割について、本学にてご講演頂く機会を得ました。また、公的資格を有するオーストラリアの動物看護師の職域や処遇等についてもお話しいただきます。ぜひこの機会にご聴講頂き皆様の日常業務の一助となりますことを期待しています。

梶浦 文夫

開催概要

  • 【開催日】平成27年11月10日(火) 14時55分~18時10分
  •      平成27年11月11日(水) 13時10分~18時10分
  •      平成27年11月12日(木)   9時10分~12時20分
  • 【会場】   全日程とも倉敷芸術科学大学で開催。各日の使用教室は以下の通り
  •      10日(火)1101室  11日(水)2201室  12日(木)22103室
  • 【お申込】以下にある、参加申し込みフォームから申し込みを完了してください。

 

 

参加申し込みフォーム

 

  • 【締切】10月30日(金)但し、定員に達し次第締め切ります。
  • 【参加費】無料
  • 【注意】会場(倉敷芸術科学大学)へは公共交通機関にてお越し下さい。
 
本セミナーは本学科学生への講義も兼ねています。学生とともにご聴講ください。 
 

講師紹介

  • Mik O’Leary
  • オーストラリアのクイーンズランド大学獣医学部を卒業後、25年にわたり小動物医療に携わる。専門は整形外科分野および画像診断分野。現在はAIRC (animal Industries Resource Centre) にて動物看護師教育に従事している。
Last Updated:2015/10/16