健康科学科<鍼灸専攻>Major of Acupuncture and Moxibustion

生命科学部
鍼灸専攻

東洋医学を学び、「はり師・きゅう師」国家資格を取得。
予防・ケア医療で活躍する。

東洋医学に基づき、1年次から始まる実習を通じて、統合医療的な健康ケアが行える人材を育成します。はり師・きゅう師の資格はもちろん、アスレティックトレーナー、食生活指導ができる専門家など、さまざまな専門資格の取得をめざします。

  • 学科オリジナルサイト
  • オリジナル動画
  • この学科の教員一覧
こちらのタブ(この専攻の特徴、カリキュラム一覧、就職・進路先)をクリックすると、コンテンツの表示を切り替える事ができます。
arrow

この学科の特徴

ダブル・ライセンスの取得が可能

はり師・きゅう師とアスレティックトレーナーのダブル・ライセンス取得により、スポーツ分野での活躍の場が広がります。

少人数教育を実施

少人数教育により、鍼灸の技術の修得、さらに将来の国家試験に向けて細やかな指導を行います。

薬膳とアロマセラピー、心と身体のケアを学ぶ

中医営養学理論とそれをもとにした薬膳食実習やアロマセラピーなど、現代人の心と身体のケアに役立つ知識を修得します。

 

ダブル・ライセンス取得

医療行為のできるトレーナーとして活躍の場を広げる。

img

本学は、スポーツ選手の障害予防やリハビリを担当するアスレティックトレーナーの養成校として日本体育協会より認定されています。はり師・きゅう師と合わせてアスレティックトレーナーの受験資格も取得でき、医療行為が行えるトレーナーとして活躍の場が広がります。

セラピストとしての技術

いろいろなスキルを身につけて、自分を成長させる。

img

本専攻では、鍼灸のほかにも、アロマセラピー、ヒーリングなどさまざまな技術を学べるカリキュラムを編成しています。多くの技術を学び、また資格をめざすことによって、自分自身が大きく成長できます。独立開業したときに多くの人々と出会う機会が増えるでしょう。

実践型教育

付属施設「ヘルスピア倉敷」で現場直結型の実習。

img

本学の付属施設である「ヘルスピア倉敷」にはスポーツ施設がそろうほか、鍼灸ケアセンターがあり、鍼灸に関するさまざまな臨床実習を実施しています。こうした恵まれた教育環境のもとでの現場直結型の学び方が、即戦力の人材を育てます。

関連する資格

  • はり師・きゅう師
  • アスレティックトレーナー
  • 健康運動実践指導者 など

カリキュラム

※下記は2016年度のカリキュラムです。進行年次により変更になる場合があります。

●印必修科目 ◎印選択必修科目
◆印アスレティックトレーナーの受験資格取得希望者は必修

1年次

西洋医学の根幹となる基礎医学知識の修得と、東洋医学やはり・きゅうの基礎理解と実技を修得します。

共通専門科目
  • ●関係法規
  • ◎◆機能的解剖学
  • ◎◆体表解剖学
  • ◎生理学
  • ◎解剖学
  • ◎生化学
  • ◎衛生学・公衆衛生学
  • ◎健康管理概論
  • ◎バイオサイエンス
専門科目
  • ●経絡経穴概論Ⅰ
  • ●東洋医学総論Ⅰ・Ⅱ
  • ●基礎はりきゅう理論
  • ●基礎はり実技
  • ●基礎きゅう実技
  • ◎◆スポーツ指導者基礎
  • ◎学外関係施設見学実習
  • ◆アスレティックトレーナー概論
関連科目
  • スポーツ実習Ⅰ(陸上)
  • スポーツ実習Ⅱ(水泳)
  • ウインタースポーツ実習
  • ●基礎演習

2年次

はり・きゅうの専門知識の修得と応用面を含めた施術技能のレベルアップを図ります。

共通専門科目
  • ◎◆運動生理学
  • ◎生理学実習
  • ◎解剖学実習
  • ◎健康科学
  • ◎栄養学概論
  • ◎臨床医学Ⅰ(内科系)
  • ◎臨床医学Ⅱ(外科系)
  • 環境リスク論
専門科目
  • ●社会はりきゅう学
  • ●経絡経穴概論Ⅱ
  • ●基礎経穴
  • ●東洋医学各論Ⅰ・Ⅱ
  • ●レディース鍼灸学
  • ●スポーツ鍼灸学
  • ●鍼灸臨床実習Ⅰ
  • ●鍼灸診療法Ⅰ
  • ◎◆スポーツ医学Ⅰ・Ⅱ
  • ◎◆スポーツトレーニング理論
  • ◎病理学
  • ◎生活習慣病予防
  • ◎ボディーケア
  • ◎運動負荷試験(実習含む)
  • ◆スポーツコンディショニング理論
  • 漢方学
  • スポーツトレーニング実習
関連科目
  • 体育原理
  • スポーツ実習Ⅲ(球技)
  • スポーツ実習Ⅳ(武道)
  • フィールドワーク

3年次

スポーツ分野やリラクゼーション分野など個人の興味・関心に応じた開講科目の修得と資格取得に向けた準備を行います。

共通専門科目
  • ◎◆一般救急救命
  • ◎臨床医学Ⅲ(神経・内分泌・頭頸部疾患系)
  • ◎メンタルヘルス
専門科目
  • ●応用はりきゅう理論
  • ●東洋医学各論Ⅲ
  • ●鍼灸臨床実習Ⅱ
  • ●鍼灸診察法Ⅱ
  • ●鍼灸治療所実習Ⅰ・Ⅱ
  • ◎◆トレーニング科学
  • ◎◆ストレッチング理論(実習含む)
  • ◎◆スポーツ障害論
  • ◎◆スポーツ栄養学
  • ◎リラクゼーション論
  • ◎スポーツ医学Ⅲ
  • ◎アスレティックリハビリテーション理論
  • ◎ウエイトコントロール論
  • ◎健康食品学
  • ◎中医営養学
  • ◎香粧品科学
  • ◎栄養指導論
  • ◆テーピング理論(実習含む)
  • ◆体力測定法(実習含む)
  • アロマセラピー
  • 中医栄養学実習
  • 栽培学
  • 栽培学実習
  • トレーニング実習
  • 健康運動のプログラミング
  • エアロビクササイズ実習
関連科目
  • スポーツ実習Ⅴ(テニス)
  • スポーツ実習Ⅵ(体操)
その他
  • ゼミナール

4年次

臨床実習など実践型授業により現場で使える技術を修得するとともに、国家試験の合格をめざします。

専門科目
  • ●鍼灸臨床実習Ⅲ
  • ●鍼灸臨床実習Ⅳ
  • ◎◆スポーツ社会学
  • ◎◆スポーツ指導論Ⅰ・Ⅱ
  • ◎◆スポーツ心理学
  • ◎◆バイオメカニクス
  • ◎ヒーリング実習
  • ◆アスレティックリハビリテーション実習
  • ◆アスレティックトレーナー実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • ◆バイオメカニクス演習
関連科目
  • ●応用演習
その他
  • 卒業研究

就職・進路先

就職状況

鍼灸師の活躍の場は多彩。いずれは独立開業の道も。

img

鍼灸師(国家資格名は「はり師」「きゅう師」)の活躍の場は、医療や治療の現場をはじめ多岐にわたります。近年ではエステなど美容・健康分野、スポーツ関連施設、さらに福祉施設などにおいても需要が高まっています。そうした現場でしっかり経験を積み、研鑽を重ねた後は、独立開業という選択肢もあります。今後、予防医学の観点からもますます注目を集める鍼灸には、まだまだ大きな可能性が潜んでいると言えるでしょう。

 

めざす職業

  • 鍼灸院
  • 医療機関
  • 介護・福祉施設
  • 企業の健康管理センター
  • エステティック関連
  • スポーツ関連施設(アスレティックトレーナー、スポーツトレーナー、コンディショニングコーチなど)
Last Updated:2016/05/10