辻二郎元教授が2014 Terahedron Prizeを受賞!(2014.10.29)

  • 2014年12月04日
  • カテゴリー: 生命科学部.
  • 読了時間目安:約 1分

この度、辻二郎元教授が2014 Tetrahedron Prizeを受賞することが発表されました。これは、有機・バイオ医薬品化学の分野において創造性に富んだ功績を残した研究者に与えられるもので、有機化学への多大なる貢献が評価されたものです。

辻二郎元教授は、鈴木章先生(倉敷芸術科学大学特別名誉教授)がノーベル賞を受賞された研究の基礎となるパラジウム化学の開拓者で、日本学士院賞や紫綬褒章を受賞されています。本学では1996年から1999年の3年間、産業科学技術学部生命化学科(現 生命科学部生命科学科)にて、学生の指導に当たっていただきました。有機合成化学の分野で広く利用されている「辻・トロスト反応」をはじめとする遷移金属触媒反応の開発・応用に数多くの貢献を果たされています。

■Tetrahedron Prizeについて
科学・技術・医学関連情報の製品および情報サービス企業大手のエルゼビアとTetrahedronジャーナル群の編集委員会とが選考し、有機化学、生物有機化学、メディシナルケミストリーの分野で創造性に富む功績を残した研究者に毎年授与される名誉ある賞です。