加計学園 細胞病理学研究所

細胞病理学研究所

国内トップの細胞検査士資格試験の合格率を誇る最高峰の養成機関
~岡山県で唯一の細胞検査士養成コース設置大学~

加計学園 細胞病理学研究所は倉敷芸術科学大学キャンパス23号館の4・5階にあります。ここでは三つの特徴を通じて地域/国家/国際社会への寄与を果たしています。その特徴を下記にてご紹介致します。


研究所の特徴

①癌を早期発見するエキスパートを世に輩出する

まず日本臨床細胞学会から認可を受けた細胞検査士養成機関として機能しております。
生命医科学科の細胞検査士資格取得希望者の為に用意した教育施設は国内最大規模のものとなり、癌診断の前線部隊として社会が希求する人材を確かな効率で育成するそのシステムが備わっております。

細胞検査士は癌の早期発見には欠かせない前線部隊として重要な存在ではありますが、その医療現場への供給はまだ満たされているとは言えず医療の様々な分野で人材不足が指摘され社会問題化もしています。その様な量的問題だけではなく急速に進化する医療界をストレートに反映するそんな細胞検査士の育成を私共は目指しています。

②常に社会を意識した最新の基礎研究を行う

次に、加計学園 細胞病理学研究所は分子生物学に根差す新時代の細胞病理学を追及しています。急速な医科学の進展は教育と医療の現場に活かされてこそ存在価値を持ち、細胞検査士も旧来の形態学に根差す解析の範疇に留まらず分子生物学的知見・技術を導入することが今後は必須となると予測されます。その結果より早期の癌検出と治療が実現されます。

加計学園 細胞病理学研究所は分子細胞病理学/再生医療/神経科学を導入することで社会の要求に先行する細胞検査士教育を行っています。 ただ科学的な新規性を追い求めると倫理的価値観が特異なものとなることは否めません。
私共は社会的な協和を意識する医療人の育成を心がけています。

先端的な科学はいつか古いものとなり、その不備を指摘されるに至ります。
医療と研究に対する真摯な心は軸を一つにせねばなりません。
この点を教育することに私共はとりわけ尽力しています。

構成員

所長 三宅 康之 倉敷芸術科学大学生命科学部生命医科学科教授
研究員 元井 信 細胞病理学研究所 (指導医)
泉 礼司 倉敷芸術科学大学生命科学部生命医科学科教授
岡田 誠剛 倉敷芸術科学大学生命科学部生命医科学科教授
山﨑 勝利 倉敷芸術科学大学生命科学部生命医科学科教授
藤本 一満 倉敷芸術科学大学生命科学部生命医科学科准教授
渡部 俊幸 倉敷芸術科学大学生命科学部生命医科学科准教授
森 康浩 倉敷芸術科学大学生命科学部生命医科学科講師
髙木 翔士 倉敷芸術科学大学生命科学部生命医科学科助手
廣川 満良 医療法人神甲会 隈病院 病理診断部部長(指導医)
能登原 憲司 倉敷中央病院 病理診断科主任部長(指導医)

細胞検査士養成カリキュラム

カリキュラム

細胞検査士の受験資格を得るため、理論から実習まで多彩なカリキュラムを設定しております。

2018年度 細胞検査士養成カリキュラム概略

4月 事前講習
授業開始
婦人科細胞診断学
5月 婦人科細胞診断学
呼吸器細胞診断学
6月 呼吸器細胞診断学
消化器細胞診断学
泌尿器細胞診断学
7月 体腔液細胞診断学
その他領域の細胞診断学
8月 中旬:夏期休暇
後期授業開始
各科領域特別講義・演習
9月 各科領域特別講義・演習
10月 各科領域特別講義・演習
下旬:一次試験
11月 各科領域特別講義・演習
12月 各科領域特別講義・演習
上旬:二次試験
Last Updated:2018/07/06