臨床検査研究所

臨床検査研究所

各階、各部屋がそれぞれの専門科目に特化された設備と丁寧な指導で最適な環境を整えています。

倉敷芸術科学大学キャンパス23号館の1〜3階が臨床検査研究所です。
生命医科学科の学生はここで専門的な技術や知識を学び、医療の現場で役立つスキルを身につけます。


構成員

所長   三宅 康之   倉敷芸術科学大学生命科学部生命医科学科教授
研究員 柏 尚裕 倉敷芸術科学大学生命科学部健康科学科健康科学専攻教授
  泉 礼司   倉敷芸術科学大学生命科学部生命医科学科教授
    岡田 誠剛   倉敷芸術科学大学生命科学部生命医科学科教授
    山﨑 勝利   倉敷芸術科学大学生命科学部生命医科学科教授
    藤本 一満   倉敷芸術科学大学生命科学部生命医科学科准教授
    矢口 貴博   倉敷芸術科学大学生命科学部生命医科学科准教授
    森 康浩   倉敷芸術科学大学生命科学部生命医科学科講師

1階 組織学・形態学のフロア

フロアF1

23号館の1階は、病理標本や組織標本を用いた細胞の観察を軸とする教育に用いられます。

生物の組織標本を自分たちで作製し、様々な細胞染色法を学びながら正常な細胞と異常な細胞を判別する能力を身につけます。ヒトの癌細胞に由来する培養細胞も用いるので、細胞培養に関する知識と技術も得ることができます。

さらに様々な病理組織標本を観察することで、実際の医療検査業務を学部2年生の段階から実体験します。

 

2階 臨床検査トレーニングのフロア

フロアF2

1階に対して、2階は生理検査・生化学検査の実習を行うフロアとなります。臨床検査でお馴染みの、心電図・腹部エコー・眼底検査・脳波など最新機器を揃えその原理と現場での使用法を学び、 検査の基盤となる生化学反応の原理から採血技術に至るまで検査の意味に精通し得るよう段階的に学んでゆきます。

採血の練習には本物そっくりの腕モデルを用い、実地の検査に際して患者様・被験者様に痛みを与えない訓練を行います。血管にうまく注射針を刺入できないと出血を起こすこのモデル、「痛い!」 と叫びこそしませんが使っていると大切に扱わなくてはという思いが湧いて来ます。

 

3階 医学知識を得る座学と細胞診トレーニングのフロア

フロアF3

当研究所の1階と2階が基本的な組織学・形態学と臨床検査のトレーニングに用いられるのに対し3階は医学知識を得る座学と細胞診のトレーニングに特化したフロアとなります。

独立行政法人国際協力機構 (JICA)やNPO法人日本・ミャンマー医療人育成支援協会を通じ細胞診研修プログラムで来日したメキシコ、ミャンマーの医師および細胞検査士を交え、学部学対象のセミナーも行われます。言葉の壁・文化の壁を超え、同じ医療的問題を抱える者同士として活発なディスカッションが展開されます。

Last Updated:2017/03/31