海外招聘講師が来学されました


今週に入り、天気は晴れが続いていますね!

本学科では11月9日(月)からオーストラリアにあるAIRC(Animal Industries Resource Centre)からMik O’Leary先生をお招きしています。Mik先生は本学科での特別講義の他にも本学科学生との交流やさらなる提携に関する打ち合わせも兼ねて来学しています。

学長との面談では本学科の梶浦、加計、村尾も同席し和やかな歓談となりました。Mik先生は京都をはじめ日本には来日されていますが、倉敷は初めてとのことで、日本の地図等も見ながら終始楽しい一時となりました。(下、左写真)歓談中のMik先生と学長(下、右写真)左から本学科長梶浦、Mik先生、河野学長、加計副学長、本学科専任教員村尾

 

 

 

 

 

特別講義では本学科教員もサポートし、Mik先生による動物看護に関する講義を行いました。オーストラリアは動物看護師資格が公的資格化されており、役割や業務内容も日本とは異なる点が多く海外の動物看護の視点を学習することができました。(下写真)

 

 

 

 

 

また、学生主催の歓迎会では1年生から4年生まで様々な学生が集まりMik先生を囲み英語で歓談しました。オーストラリアのことから、同国における獣医療や動物看護師の在り方等まで話題が及びました。たくさんのお話は学生にとって、またとない貴重な機会となりました。(写真下)

今後も同校とのさらなる提携を目指し、積極的に学術交流に取り組んでいきます。Mik先生は週末まで来学されますので本学科学生も様々な機会を通し積極的に交流してくださいね!