本学生命科学部の学生が弁論大会にて最優秀賞を受賞!(2015.03.15)


2015年3月15日(日)、倉敷公民館において「目指せ日本一!倉敷 弁論大会」が行われ、本学生命科学部生命科学科3年の河野遥さんが最優秀賞に、同学科2年の矢内真由美さんが優秀賞に輝きました。
本大会は、くらしき朝市「三斎市」10周年記念イベントの一環として「目指せ日本一!倉敷」をテーマに開かれたもので、本選では12名が出場。河野さんは『倉敷の日本一は、この目には見えないところにある』、矢内さんは『唯一性を極めることはナンバーワンすなわち「日本一」に近づく一歩』と題して自らの経験などを基に思いを発表しました。なお、弁論大会の様子は、倉敷ケーブルテレビ(3月28日・29日)でも放映される予定です。