「倉敷と仕事」第7回の講義をおこいないました(2015.06.03)

  • 2015年06月04日
  • カテゴリー: 大学COC事業_.
  • 読了時間目安:約 42秒

2015年6月3日(水)、大学COC事業関連講義「倉敷と仕事」の第7回目となる講義をおこないました。
今回は、本学産業科学技術学部経営情報学科の小山悦司教授と黒田明雄講師が講師となり、『人生と大学生活の過ごし方』をテーマとした講義となりました。
小山教授からは、「大学では、「勉強する」よりも「学ぶ」という姿勢で過ごしてもらいたい」というお話を、また黒田講師からは、人生をロウソクに例えて、地域の中でどのように生活し、自分の人生をどのように生きていくかというお話がありました。
地域で生活することについての重要性にふれることのできる時間となりました。

次回は、『働くことの意義と報酬、福利厚生』について学びます。

「くらしき若衆」育成プログラムについてはこちら
「倉敷と仕事」第6回講義についてはこちら