第7回「倉敷みらい講座」を開催しました(2015.10.24)

  • 2015年10月28日
  • カテゴリー: 大学COC事業.
  • 読了時間目安:約 48秒

2015年10月24日(土)、本学において第7回目となる「倉敷みらい講座」を実施しました。
今回のテーマは、『玉島プラットフォームとデジタルものづくり』。芸科祭開催中ということもあり、講座形式ではなく、「玉島プラットフォーム」で使用しているデジタル工作機器や制作物を展示し、自由に見学していただきました。常駐した芸術学部メディア映像学科大屋努講師や学生が、現在同拠点で地域の方と一緒に取り組んでいる風力発電システムの内容や機器などの説明をすることで、事業の概要などを知っていただく良い機会となりました。また、実際にデジタルミシンを使い、オリジナルワッペンの制作も体験していただきました。

■玉島プラットフォームとは・・・
2015年から倉敷市玉島の古民家を整備してきた本学芸術学部の制作拠点。建築士の方やデザイナーの方を講師に招いて、学生有志と教員とでリノベーションを行ってきました。