第11回「倉敷みらい講座」を開催しました(2016.01.26)

  • 2016年02月01日
  • カテゴリー: 大学COC事業.
  • 読了時間目安:約 49秒

2016年1月26日(火)、くらしき作陽大学にて第11回「倉敷みらい講座」を開催しました。
今回は、『「気になる子どもの支援ハンドブック」の活用~放課後児童クラブ実践報告会~』として実施。倉敷市内の児童クラブの方々や子ども教育に興味のある学生など104名が参加し、実践報告を聞くとともに、使用方法についてディスカッション形式のグループワークをおこなって今後について意見交換をしました。

■『気になる子どもの支援ハンドブック』とは・・・
COC事業の一環として、本学とくらしき作陽大学、倉敷市、倉敷市放課後児童クラブ関係者でつくる合同チームが作成した指導員用のハンドブック。児童クラブでの実践事例をもとに、子どもたちと接する指導員が、よくある困ったことに対応出来たり解決出来たりすることを目的として作られています。
本学からは、芸術学部の教員、学生などがデザインやイラストの部分などで協力しています。