第1回-3回「倉敷みらい講座」を開催しました(2016.05.14-20)

  • 2016年06月03日
  • カテゴリー: 大学COC事業.
  • 読了時間目安:約 56秒

2016年5月14日(土)、15日(日)に、くらしき作陽大学において、今年度第1回目と2回目となる倉敷みらい講座を実施しました。
第1回目は、乳幼児向け舞台芸術の素材上演を行った後、関係者によるシンポジウムを開催。乳幼児と保護者や地域の保育・教育関係者など150名が参加がありました。また2回目は、164名の参加者を迎え、人形劇公演の後、ジャッキー・E・チャン氏を講師とした特別講義を実施。両日ともに、「今後に活かしていきたい」などの感想が寄せられ、有益な講座となりました。

また、2016年5月20日(金)には、本学において、3回目となる倉敷みらい講座を実施。「続・南海トラフに備える」と題し、本学生命科学部生命科学科萬代忠勝教授に、国内の地震の歴史や岡山の現状と課題、南海トラフ巨大地震を想定した人生設計など、幅広い内容についてお話しいただきました。後半には、昨年度実施した東日本大震災被災地への視察および倉敷市内での防災意識調査での報告をおこない、こちらも大変有益な講座となりました。

本学大学COC事業の詳細についてはこちら