第5回「倉敷みらい講座」を開催しました(2016.06.21)

  • 2016年06月24日
  • カテゴリー: 大学COC事業.
  • 読了時間目安:約 36秒

2016年6月21日(火)、くらしき作陽大学において、第5回「倉敷みらい講座」を実施しました。 今回は、『被災者一人ひとりを支える食支援~災害食コンシェルジュを目指して~』と題して、学生による炊き出しの実演、試食を行った後、倉敷市防災危機管理室主幹の河田氏や玉島消防署の消防士長川上氏より防災知識などの講和を実施。グループごとのディスカッションもあり、日ごろから防災を意識することの大切さを感じる講座となりました。

次回、第6回「倉敷みらい講座」は、7月12日(火)に本学にて、『多文化共生 移民労働者(戦前・現在)』と題して実施します。ぜひご参加ください。

本学大学COC事業の詳細についてはこちら