健康講座を開催しました(2016.07.22)

  • 2016年07月26日
  • カテゴリー: お知らせ.
  • 読了時間目安:約 54秒

2016年7月22日(金)、本学2号館において学生・教職員を対象とした健康講座を開催しました。
これは、本学において、平成24年7月から大学敷地内全面禁煙の取組みを行っていることから開催したもので、この取り組みは、現在も学生、教職員自身の健康を保持をすること、受動喫煙による被害を防止することを目的に継続されています。

当日は、妹尾健康管理センター所長の挨拶の後、倉敷保健所水島支所水島保健推進室の保健師久村莉菜さんが、「たばこが人体におよぼす害」と題して、DVD上映を含め、約40分にわたりご講演。参加した学友会の学生20名と教職員10名の合計30名は、熱心に講演に聞き入っていました。また、本学健康管理センター職員の佐宮より、敷地内全面禁煙実施に伴う学生指導の経過についての概要報告もおこなわれました。

今回の講座では、タバコが原因の疾病で死亡した人が、毎年全国で約13万人いるという事実や、タバコに含まれる有毒物質のサンプルを間近で見ることができ、禁煙の重要性について認識を新たにする機会となりました。