「倉敷春宵あかり」でプロジェクションマッピングを上映します(2017.03.17-19)


毎年、岡山県倉敷市の美観地区一帯でおこなわれている「倉敷春宵あかり」。今年も昨年に引き続き、本学芸術学部メディア映像学科が中心となって、プロジェクションマッピングを制作。3月17日(金)~19日(日)の3日間、倉敷物語館にて上映します。
プロジェクションマッピングは、建物に合わせて細かな調整が必要となるため、通常の映像作品の2倍以上の制作期間が必要。本作品は、映像ゼミの2・3年生が中心となって、倉敷市水島地区に伝わる怪談『杓島の船ゆうれい』をモチーフに、子どもたちでも怖がらずに楽しめるように、3Dで見せたりポップな音楽を使用したりと全体的にミュージカル調に仕上げました。

ぜひ一度足をお運びください。

第11回 倉敷春宵あかり『くらしき物語りマッピング~杓島の船ゆうれい~』
期間 2017年3月17日(金)~19日(日)19時~20時半
繰り返し上映(6分程度/1回)
※17時~18時半まで倉敷物語館長屋門で当日分の整理券を配布
会場 倉敷物語館
倉敷春宵あかりについて詳しくはこちら

■試験投影の様子が山陽新聞(2/21付朝刊)に掲載されました。詳しくはこちら