第6回「倉敷みらい講座」開催のお知らせ(2018.06.19)



2018年6月19日(火)、くらしき作陽大学において第6回倉敷みらい講座を開催します。今回のテーマは、「地域とともに取り組む炊き出しシミュレーション」。災害時の食事提供は、発災時の混乱した状況だけでなく、長い避難所生活の日々を見通した準備が必要です。今回のみらい講座では、実際の災害時を想定したシミュレーションを大学と他団体及び地域住民が連携して行います。美味しい炊き出しの試食もありますので、ぜひご参加ください。

平成26年度採択COC事業「第6回倉敷みらい講座」
「地域とともに取り組む炊き出しシミュレーション」
日時 2018年6月19日(火)11時~14時15分(受付10時半~)
会場 くらしき作陽大学 図書館前(テント設営)
※雨天の場合は5号館1階107教室、114教室
参加費 無料
定員 300名
内容 ・学生による炊き出しの実演(見学可)
・炊き出しシミュレーション(試食)
・講話「災害時の心構え」 倉敷市防災危機管理室 河田貢之氏
・学生による実践発表「特別な配慮が必要な方への災害食」
・グループディスカッション
問合せ先 くらしき作陽大学 COC事務局
(TEL:086-436-0172 E-mail:coc@ksu.ac.jp

本学大学COC事業についてはこちら