第3回「倉敷みらい講座」を開催しました(2015.07.14)

  • 2015年07月17日
  • カテゴリー: 大学COC事業.
  • 読了時間目安:約 58秒

2015年7月14日(火)、本学において第3回目となる「倉敷みらい講座」を実施しました。
今回は、「変転する語りと人々の記憶のアート」をテーマとし、ロンドン芸術大学の芸術家ホイットニー・マクヴェイ氏と岡山大学の社会人類学者中谷文美教授を講師として開催。
生と死を背景に、「ジェンダー」「出産」「老い」「終末期ケア」といった事柄を考えさせられる映像作品をベースに対談形式でおこないました。対談後には、参加者との活発な質疑応答もあり、予定時間をオーバーするほど熱気を帯びた講座となりました。
また、講座開始前には本学11号館アートスペースZoneにおいて、公開パフォーマンスも実施。「歴史を揺り動かす」と題して、参加者には、赤ちゃんを抱っこしているイメージで腕を抱え揺り動かしてもらい、今日の世界に存在するとはどういうことなのかということを考えてもらいました。

次回、第4回「倉敷みらい講座」は、9月16日(水)にくらしき作陽大学にて、五感力育成研究の一環として『気になる子どもの理解と支援』をテーマに実施します。ぜひご参加ください。

本学大学COC事業の詳細についてはこちら