芸術学部公開講座「感性単位のモジュール化」開催のお知らせ(2013.12.05)

  • 2013年12月03日
  • カテゴリー: 公開講座情報.
  • 読了時間目安:約 1分3秒

2013年12月5日(木)、本学芸術学部公開講座が行われます。
今回は、「感性単位のモジュール化~音楽を用いた高齢者の認知機能評価~」と題して、作曲家の佐野芳彦氏にお話しいただきます。
一般の方も無料で聴講いただけますので、お気軽にお越しください。

「感性単位のモジュール化~音楽を用いた高齢者の認知機能評価~」
日時 2013年12月5日(木)13時10分~14時40分
場所 倉敷芸術科学大学12号館視聴覚教室
講演者 作曲家 佐野芳彦 氏
プロフィール

ドラマや舞台の音楽を中心に創作活動を続けると同時に、情報と音楽のコラボレーション「Information Sound Art」に取り組んでいる。
’78年読売音楽祭でグランプリを受賞、作曲を始める。
’90年NHK「みんなのうた」で最優秀、’96年「モモ」が文化庁芸術祭優秀賞を受賞。
’99年 日本環境共生学会に於いて「CO2をトリガーとしたインタラクテ ィブ・サウンドアートの研究」を発表。
現在、新しい音楽の単位「Sound Cell」を用いたナンバースに情熱を傾けている。

メディア映像学科オリジナルサイトはこちら