観光学科での3年間が過ぎて 本文へジャンプ
1期生 T. S.

観光学科は2011年4月に開設4年目を迎えます。
1期生のT.S.君にこれまでの3年間を振り返ってもらいました。

 私は、この観光学科に入学した当初、留学生とどのように接すればよいのかなどの戸惑いがありました。ですから最初は、うまく話しかけることができませんでした。しかし、この学科には、一年生の時に空港に研修に行ったり、美観地区を留学生といくつかのグループに分かれて見学するなどの学外研修があり、そこで彼らや、もちろん日本人の人たちとも打ち解けることができました。
 授業に関しては、語学を学ぶものや観光についての授業など色々なものがあります。その中で、宿泊の経営について学ぶ授業があり、実際にホテルに研修に行って、ホテルの中を見学したり、従業員の方の話を聞くなどの貴重な体験ができたことが心に残っています。その他にも、社会人としてのマナーなどを学べる授業もあり、自分の日々の生活態度などを見直すことができました。
 私はこの三年間で国籍に関わらず、色々な人たちと接するなかで、改めて人と話す楽しさなどを知ることができました。そして現在、できるだけ多くの人たちと関われる職業に就くことを目標に、就職活動に励んでいます。



T.S. 君は現在就職活動中。これまでの経験が社会に出てきっと役に立つはずです。学科教員一同、応援しています!