おかやま倉敷学 本文へジャンプ
平成24年度

「おかやま倉敷学」は、倉敷を中心とした岡山県内の現在・過去を学び、これからの観光のありかたについて考える科目です。
(講義風景・内容は各授業の日にちをクリックして、ご覧になれます。)

7月26日の講義をもちまして、今年度は終了いたしました。


平成24年度 おかやま倉敷学
4月12日 
 
濱家 輝雄氏
  (倉敷芸術科学大学)
  「オリエンテーション: おかやま倉敷学とは」
4月19日
 
川原 伸次
 (倉敷市観光課)
 「倉敷市の観光行政」
4月26日
 山本 太郎氏
 (倉敷市歴史資料整備室
 「倉敷美観地区界隈の歴史」
5月10日
 松岡 智子氏
 (倉敷芸術科学大学)
 「大原美術館の誕生秘話」
5月17日
 安井 昭夫氏
 (倉敷民藝館)
 「倉敷民藝館」
5月24日
 吉原 由磨氏、
 堀部 司氏

(倉敷地区ウェルカム観光ガイド連絡会)
5月 31日
 竹原 祐一氏
 (岡山県観光課)
 「これからの岡山観光振興について」
6月 7日
 河邊 誠一郎氏
 (倉敷芸術科学大学
 「倉敷の自然について」
6月14日
 西山 一二氏
 (ベティスミス)
 「国産ジーンズ発祥の地倉敷」
6月21日
 青山 融氏
 (雑誌『オセラ編集顧問)
 「岡山弁再発見」
6月28日
中村 泰典氏
 
(倉敷町屋トラスト)
 「く・ら・し・きになる暮らし直し」
7月 5日
 三宅 俊弘氏
 (倉敷アイビースクエア)
 「倉敷アイビースクエアの取り組み」
7月12日
 柳瀬 和之氏
 (エッセイスト・岡山観光特使)
 「三でひも解く岡山」
7月19日
 村田 隆禅氏
 (観龍寺)
 「寺社めぐりとその作法」
7月26日
 時任 英人氏
 (倉敷芸術科学大学)
 「犬養毅について」


本学へのアクセス