瀬戸内和歌抄 


このページの和文を縦書きで表示することができます。ヒントはボイジャーのウェブサイトにあります。




 朝 び ら き 漕 ぎ 出 て 来 れ ば 武 庫 の 浦 の

 潮 干 の 潟 に 鶴(たづ) が 声 す も

(万葉集巻15-3595) 


 玉 藻 刈 る 敏 馬 を 過 ぎ て 夏 草 の

 野 島 の 崎 に 船 近 づ き ぬ

(柿本人麻呂 万葉集巻3) 


 淡 路 の 野 島 の 崎 の 浜 風 に

 妹 が 結 び し 紐 の 吹 き か へ す

(柿本人麻呂 万葉集巻3-251) 


 と も し び の 明 石 の 大 門 に 入 ら む 日 や

 榜 ぎ 別 れ な む 家 の あ た り 見 ず

(柿本人麻呂 万葉集巻3-254) 


 天 ざ か る ひ な の 長 道(ながぢ) ゆ 恋 ひ 来 れ ば

 明 石 の 門(と) よ り 大 和 島 見 ゆ

(柿本人麻呂 万葉集巻3-255) 




 往 き め ぐ り 見 と も 飽 か め や 名 寸 隅(なきすみ) の

 船 瀬(ふなせ) の 浜 に し き る 白 浪

(笠金村 万葉集巻6-937) 


 ・・・・ に ほ 鳥 の な づ さ ひ 行 け ば 家 鳥 は

 雲 居 に 見 え ぬ 吾(あ) が 思(も) へ る

 心 和(な) ぐ や と

 早 く 来 て 見 む と 思 ひ て 大 船 を

 こ ぎ わ が 行 け ば 沖 つ 波 高 く 立 ち 来 ぬ

 外(よそ) の み に 見 つ つ 過 ぎ ゆ き ・・・・

(万葉集巻15-3627) 


 牛 窓 の 浪 の 潮 騒(しほさゐ) 島 響(しまとよ)み

 寄 さ え し 君 に 逢 は ず か も あ ら む

(万葉集巻11-273) 


 ぬ ば た ま の 夜 は 明 け ぬ ら し 多 麻 の 浦

 あ さ り す る 鶴 鳴 き 渡 る な り

( 万 葉 集 巻 15- 3598) 



(註1)「多麻の浦」は今の玉島あたりです。瀬戸内
のあちらこちらに鶴が飛来するような浅瀬と餌場が
ありました。





 海 士 小 船 帆 か も は れ る と 見 る ま で に

 鞆 の 浦 回(うらみ) に 浪 立 て る 見 ゆ

( 万 葉 集 巻 7 ) 


(註2)沼隈半島の脊梁を南北の尾根づたいに走る福山グリーン
ラインからの眺望は、そのむかし瀬戸内海中心部の水駅として
きこえた 鞆の湊をほうふつとさせます。仙酔島の後方には、巨大
なタンカーを あいだに挟み、そのむかし海賊できこえた走(はしり)
島が浮か びます。芸予の島々は今まさに広大な海景をくりひろげ
ています。 遠く東は鳴門・明石の両海峡から、西は豊後水道から
入ってくる2つ の潮は、鞆南方の備後灘一帯でかちあいます。

約370年前から伝わる『しばり網』漁法は、瀬戸内の勇壮な海上
大絵巻さながらに、一網千両といわれた日々をもたらしました。
備後灘での風波のはげしさと引きかえに豊かな漁場を恵み与えた
のです。

今この様子は4月下旬から5月いっぱいまでの観光鯛網を通して
知ることが出来ます。


 ま さ き く て ま た か へ り み む ま す ら を の

 手 に ま き 持 た る 鞆 の 浦 回 を

( 万 葉 集 巻 7 ) 



 名 に し 負 ふ 瀬 戸 内 海 の 春 に し て

 桜 鯛 漁 る 諸 声 の 浜

( 詠 人 不 知 ) 



 お ろ ぎ な き 息 を も ら せ り 内 の う み

 八 十 島 か げ に 水 の 光 れ ば

( 中 村 憲 吉 ) 



 海 の 波 光 り か さ な り 日 も す が ら

 光 り か さ な り ま た 暮 れ に け り

( 北 原 白 秋 ) 



 君 が 行 く 海 辺 の 宿 に 霧 立 た ば

 吾 が 立 ち 歎 く 息 と 知 り ま せ

( 万 葉 集 巻 15 ) 



 わ が 故 に 妹 歎 く ら し 風 早 の

 浦 の 沖 辺 に 霧 た な び け り

( 万 葉 集 巻 15 ) 



 沖 べ よ り 潮 満 ち 来 ら し 可 良(から) の 浦 に

 あ さ り す る 鶴(たづ) 鳴 き て 騒 ぎ ぬ

( 万 葉 集 巻 15-3642 ) 



 熟 田 津 に 船 乗 り せ む と 月 待 て ば

 潮 も か な ひ ぬ 今 は 漕 ぎ い で な

(額田王 万葉集巻1) 



 父 母 が 頭 か き 撫 で 幸 く あ れ て

 い ひ し 言 葉 ぜ 忘 れ か ね つ る

(防人の歌 万葉集巻20) 



 時 々 の 花 は 咲 け ど も 何 す れ そ

 母 と ふ 花 の 咲 き 出 来 ず け む

(防人の歌 万葉集巻20) 



 吾 妹 子(わぎもこ) が 見 し 鞆 の 浦 の む ろ の 木 は

 常 世(とこよ) に あ れ ど 見 し 人 そ な き

(大伴旅人 万葉集巻3−446) 



 鞆 の 浦 の 磯 の む ろ の 木 見 む ご と に

 相 見 し 妹 は 忘 ら え め や も

(大伴旅人 万葉集巻3−447) 



 磯 の 上 に 根 は ふ む ろ の 木 見 し 人 を

 い づ ら と 問 は ば 語 り 告 げ む か

(大伴旅人 万葉集巻3−448) 



(註3)聖武天皇の神亀・天平のころ、大伴旅人は愛妻をともない、
九州に太宰帥として赴任しました。しかし旅人はまもなく妻を失い、
筑紫では老年をやる方ない思いで過ごします。そして、ようやく天
平2年(730年)12月に、大納言として上京の途次につきます。ふた
たび鞆の湊に寄港して、今は亡き妻への想いを3首の連作に表し
ま した。福禅寺境内の石垣の下に第1首の刻まれた歌碑がありま
す。 石碑のそばでは福山市花の紅バラが見る者を歴史の過去へ
誘うか のように咲いていました。



 妹 と 来 し 敏 馬 の 崎 を 還 る さ に

 独 り し て 見 れ ば 涙 ぐ ま し も

(山上憶良 万葉集巻3) 



 家 島 は 名 に こ そ あ り け れ 海 原 を

 吾 が 恋 ひ 来 つ る 妹 も あ ら な く に

(万葉集巻15-3718) 



 鴨 山 の 岩 根 し 枕 け る わ れ を か も

 知 ら に と 妹 が 待 ち つ つ あ ら む

(柿本人麻呂 万葉集巻2) 



 海 若(わたつみ) の い づ れ の 神 を 祈 ら ば か

 行 く さ も 来(く) さ も 船 は 早 け む

( 万 葉 集 巻 9 ) 



(註4)防人の歌と最後の2歌を除きすべて瀬戸内の海と関係
が あります。これら瀬戸内海の歌の配列として形式上東から西
へ 往き、そして西から東へ還ってくる航路の順をとりました。
最後から3番目の詠は、天平8年(736年)の遣新羅使人らが
苦難 の旅を終えた帰途、やがて近い家郷への無事を祈って詠
んだ ものとされています。最後から2番目は柿本人麻呂が石見
の国 「湯抱(ゆがかい)温泉」辺りで詠んだという説が有力です。
そして最後は困難な航海が待ち受ける遣唐使をおくる歌です。


(註5)万葉歌の解釈と時代背景については、犬養孝先生の
ご研 究に負うところが甚大です。結婚祝いにと色紙へ『石激 
垂見 之上乃 左和......』としたためていただいたのを契機に、
私は『万葉のこだま』(犬養孝、PHP研究所、昭和57年)などを
愛読するようになりました。『万葉のふるさと』(清原和義著、
ポプラ社 ポプラ・ブックス29、1973年)もたいへん役に立ち
まし た。ここにその歌を記し、先生に対する感謝のことばと
いたし ます。

 石激
垂見之上乃
左和良妣乃
毛要出春仁
成来鴨


[ふるさと] [鞆の浦] [瀬戸内和歌抄] [出雲の銅鐸] [学内掲示板] [サーチエンジンたち]