総合型選抜について

充実の特待生制度

「得意特化特待生制度」(対象:事前面談型)
高校3年間、課外活動に積極的に取り組んできた方のために「得意特化特待生制度」を導入。全学で40名を上限に、得意特化特待生に選定されると在学中4年間授業料が半額に減免されます。
総合型選抜【事前面談型】へ面談申込の際に、総合型選抜活動記録報告書に活動記録を記入のうえ、それを証明する資料(A4サイズ)と共に郵送してください。特待生の選考対象になります。
「文武両道特待生制度」(対象:文武両道型)
「文武両道特待生」は、リーダーシップ能力と、高校時代の学力・課外活動成績を評価する特待生制度です。文武両道に優れた学生に対し、授業料を減免し、もって人間力、コミュニケーション能力、リーダーシップ能力の高い優秀な学生を支援し、将来社会人として技術者として社会に貢献できる人材育成を行うことを目的としています。
選考により、特定の基準に達した上位5名を文武両道特待生とし、在学中4年間の授業料を全額免除します。

総合型選抜の流れ


※クリックするとPDFが開きます

事前面談型 募集人員・面談日・選考方法等について

文武両道型 募集人員・面談日・選考方法等について

入学手続き・学費について

※得意特化特待生制度に選出された場合は、後期の授業料を免除します。

各学科の教育方針および求める人物像について

総合型選抜に関するQ&A

事前面談型 提出書類様式

文武両道型 提出書類様式

総合型選抜募集要項全ページはこちら

 

総合型選抜【事前面談型】とは

総合型選抜【事前面談型】とは、本学で学ぶことを強く希望する意欲的な方を対象とした入試です。従来の面接などによる口頭試問や学力試験を課す選抜方法とは異なり、志願者の提出された相談票をもとに、学部学科と志願者が十分な時間をかけて面談を行うものです。面談に際しては、志願者の学びたい内容と学部学科の教育内容をお互いにより一層理解し合うことを目的に、各学部学科の「教育方針および求める人物像」を志願者に提示し、一方、志願者にはそれに対する質問をしていただくことになります。その結果、学部学科と志願者との接点が見いだせ、志願者の多様な能力や資質を適切に評価できると考えております。
学部学科によって選考方法が異なりますので、上記の「事前面談型 募集人員・面談日・選考方法等について」をご確認ください。面談申込の受付は7月から始まります。面談希望者は面談希望日の3日前(必着)までにエントリーシートおよび相談票を送付、もしくはインターネットから面談の申し込みをしてください。

総合型選抜【事前面談型】面談申込
(出願とは異なります)

※2022年度総合型選抜【事前面談型】の面談申込は7月1日(木)スタート!

 

総合型選抜【文武両道型】とは

総合型選抜【文武両道型】では、本学においてリーダーシップを発揮できる人材を求めます。勉学や課外活動はもとより、人間力、コミュニケーション能力、リーダーシップ能力の高い優秀な学生を学生生活や経済面で支援し、将来社会人として技術者として社会に貢献できる人材育成を行うことを目的としています。成績優秀者には在学中4年間の授業料を全学免除いたします。
申込の受付は11月から始まります。希望者は11月17日(水)までにエントリーシートおよび自己推薦書、活動記録報告書を送付してください。

文武両道型の申込はインターネットでは受付けていません。
必要書類を郵送してください。(出願とは異なります)