学校感染症

本学学生が、学校保健安全法施行規則第18条に定める感染症に罹患(りかん)した場合、または疑いがある場合には、学校保健安全法第19条に基づき、学内感染および感染の拡大防止のため、出席停止となります。

出席停止の対象となる感染症について

第一種・第二種の感染症と診断されたら出席停止になります。

感染症の種類と出席停止期間の基準について
  種類 出席停止期間の基準
第一種
  • エボラ出血熱
  • 痘そう
  • ジフテリア
  • 南米出血熱
  • ポリオ
  • ペスト
  • クリミア - コンゴ出血熱
  • マールブルグ病
  • ラッサ熱
  • 重症急性呼吸器症候群(限定有)
  • 鳥インフルエンザ(限定有)
  • 新型インフルエンザ等感染症
  • 指定感染症
  • 新感染症
治癒するまで
第二種 インフルエンザ(第一種に分類する インフルエンザを除く) 発症後5日を経過し、かつ解熱後2日を経過するまで
百日咳 特有の咳が消失、または5日間の抗菌性物質製剤による治療終了まで
麻しん 解熱後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎 耳下腺、顎下腺または舌下腺の腫脹が発現後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで
風しん 発しんが消失するまで
水痘 すべての発しんが痂皮化するまで
咽頭結膜熱 主要症状消退後2日を経過するまで
結核 病状により医師において感染のおそれがないと認めるまで
髄膜炎菌性髄膜炎 病状により医師において感染のおそれがないと認めるまで
第三種
  • コレラ
  • 細菌性赤痢
  • パラチフス
  • 腸管出血性大腸菌感染症
  • 腸チフス
  • 流行性角結膜炎
  • 急性出血性結膜炎
  • その他の感染症
病状により医師において感染のおそれがないと認めるまで

(学校保健安全法施行規則などより)

感染症が疑われる時の対応

  1. 登校せず、医療機関を受診してください。
  2. 診断されたら大学の健康支援センターと学科のチューターに必ず連絡してください。
    健康支援センター:086-440-1003
    連絡時伝えて頂く内容
    ①学生番号・氏名
    ②医療機関を受診し、診断を受けた日
    ③診断名
    ④症状・病状
    ⑤治療状況
    ⑥医師からの指示内容

    健康支援センターが不在の場合、学務部学生課・教務課でも対応可能です。
    学務部 学生課:086-440-1122
        教務課:086-440-1117

  3. 医師の通学許可がでるまでは登校しないで、自宅療養してください。
  4. 症状が軽快したら、診断を受けた医療機関にて
    学校感染症による通学許可に関する意見書」または、医療機関の治癒証明書等を医師に書いてもらい、大学へ登校した際、健康支援センターに提出してください。
    (※季節性インフルエンザは、特定の薬剤に限り、初回診察時の領収書と薬の説明書(コピー可)があれば、健康支援センターにて治癒確認書を作成します。それに該当しない場合は、「学校感染症による通学許可に関する意見書」または、医療機関の治癒証明書等の提出をお願いしますので、ご了承ください。)
  5. その後、教務課にて手続きを行ってください。(印鑑が必要)

※「出席停止」となった場合の授業の取り扱い

「出席停止」により授業に出席できなかった場合は「公欠」とはなりませんが、教務課で  「出席停止による欠席届(感染症)」の手続きを行うことにより、欠席のみで単位修得が不利にならないよう、授業に関する配慮を行うこととなっています。(1ヶ月未満の欠席が対象)手続きに関することは、教務課にて確認してください。

感染予防

  • 外出後は、手洗い・うがいを励行してください。
  • 咳エチケット(咳が出ているときはマスクをつける)を守りましょう。
  • 咳が続くときや体調不良、発熱(37.5度以上)、下痢などがあるときは、早めに医療機関を受診しましょう。
  • 十分な睡眠とバランスのとれた食事を心掛け、体調管理をしましょう。
  • 麻疹(はしか)、風疹(三日ばしか)、水痘(みずぼうそう)、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)等の予防接種が推奨されている感染症に罹患したことがなく、予防接種歴がない学生は、医師と相談のうえ、できるだけ予防接種を受けましょう。
    (※アレルギーや過敏症等のある方は、医師に相談してください。)

 

健康支援センターのHomeに戻る