【動物生命科学科】卒業論文発表会が開催されました。(2017.02.14)

平成28年度 動物生命科学科 卒業論文発表会が開催されました。
 
当日は、各研究室に所属する4年生を始め、学科の後輩たちもたくさん参加してくれました。発表者はそれぞれ、1年間の成果を不安と緊張を抱えながらも精一杯、聴衆に伝え、白熱した議論を交わしていました。
 
 
 
発表演題は計22題。その中から、動物麻酔科学研究室の川村奈菜子さんがMVP(最優秀発表賞)に選ばれました。研究テーマは「プロポフォール、プロポフォール−フェンタニルおよびプロポフォール−フェンタニル−メデトミジンの組み合わせによるイヌの全静脈麻酔におけるプロポフォールの最小注入速度」、共同研究者は同じ研究室の根木佑奈さんです。
 
  
 
発表者の皆さん、本当にお疲れさまでした。実に素晴らしい研究発表でした!