本学科学生が岡山大学自然生命科学研究支援センター動物資源部門へ見学に行ってきました

動物実験や実験動物施設の運営についてより理解を深めるため、岡山大学自然生命科学研究支援センター動物資源部門に見学に行きました。
岡山大学自然生命科学研究支援センター動物資源部門には本学科の卒業生(2名)が勤務しており、活躍している姿を見ることが出来ました。飼育室(マウス、ラット、イヌ、ブタ、ヤギ、サル)、実験室(手術室、X線・CT室、行動解析等)、洗浄室、空調管理室、などを見学させて頂きました。
見学に参加した学生達は、動物種によって異なる微生物学的管理の違いや、これまで本学内では見ることが出来なかった大型の施設設備等を実際に見ることができ、非常に良い経験が出来ました。
実験動物1級技術者の資格取得を目指している学生も多く参加していましたので、資格取得や就職に対する意欲向上効果が非常に感じれる見学となりました。

この見学は、小合龍夫教育助成金の支援を受けて実現しました。この支援により、学生は大変貴重な経験を積む事ができました。心から感謝しております。