屏風絵と水族展示 初のコラボレーション!!(2022.07.12-07.28)

 

「原田よもぎさんの屏風絵&水槽のコラボ展にあたって」

図書館長 松岡智子

倉敷芸術科学大学図書館では、原田よもぎさん(芸術研究科博士課程3年)の日本画作品『はじまりの木』を、生命科学科マリンバイオコースの水族展示と初コラボし紹介します。

原田さんは森山教授の指導の下、これまで日本画制作とともに「屏風」という日本の伝統的スタイルを現代に伝える活動を行ってきており、この作品は、本学図書館から出発し、児島の国指定重要文化財である旧野崎家邸宅や倉敷国際ホテル、玉島の旧柚木家住宅・西爽亭を使って行われる「倉敷四方屏風展」の一部として大原美術館に隣接する新渓園で8月に展示予定です。

また、原田さんの絵のテーマは「字のない物語」を描くことです。この『はじまりの木』と水槽の生きものたちの造形や動態から、香り、音、時間、温度、風、季節、空気などの自然の営みを五感で感じていただき、やすらぎのひとときとなれば幸いです。

2022年7月吉日