第11回「倉敷みらい講座」開催のお知らせ(2017.10.28)

2017年10月28日(土)、本学において第11回「倉敷みらい講座」を開催します。今回は、芸科祭との同時開催。「玉島プラットフォームとデジタルものづくり」をテーマに、玉島プラットフォームでの取り組みを紹介した後、ワークショップ形式でデジタル機器を使用し『ジャンピングたまべえ』を作っていただきます。3D プリンターなどのデジタル工作機器の実演や制作物も展示。申込不要、参加無料となっておりますので、お気軽にお越しください。

平成26年度採択大学COC事業 第11回「倉敷みらい講座」
「玉島プラットフォームとデジタルものづくり in 芸科祭」
日時 2017年10月28日(土)13時半~17時
場所 倉敷芸術科学大学 厚生会館(学生ラウンジ)
プログラム 13時半~13時50分
玉島プラットフォームでの取組み紹介(芸術学部メディア映像学科 大屋努特担講師)
13時50分~17時
ワークショップ『ジャンピングたまべえ』を作ろう!
問合せ先 倉敷芸術科学大学COC事業事務局
(TEL:086-440-1165 E-mail:coc2014@kusa.ac.jp
■玉島プラットフォームとは・・・
倉敷市玉島地区の古民家を修復・再生して活用している本学の新しいものづくりのための拠点。「まちなか研究室玉島」と名づけて、地域の方々とともに、デジタル技術を活用したものづくりに取組んでいます。
⇒詳しくはこちら
■たまべえとは・・・
倉敷市玉島地区のご当地キャラクター。「まちなか研究室玉島」では、デジタル機器を使用してたまべえの着ぐるみ制作もおこなっています。
⇒詳しくはこちら

本学大学COC事業の詳細についてはこちら
第23回芸科祭についてはこちら