第15回・16回「倉敷みらい講座」を開催しました(2018.11.26)

  • 2018年12月03日
  • カテゴリー: 大学COC事業.
  • 読了時間目安:約 42秒

2018年11月26日(月)、ヘルスピア倉敷において第15回・16回の「倉敷みらい講座」を開催しました。今回は、最終年度を迎えた大学COC事業の総括として実施。第一部では、COC事業推進責任者である本学の妹尾護教授とくらしき作陽大学の竹内京子教授による成果発表の後、「COC事業が生み出したものと今後」というテーマで産学官の代表者3名を加えたパネルディスカッションをおこないました。第二部では、「くらしき若衆」に認定された学生によるポスターセッション、第三部では、外部評価委員会を実施。また、同時に「くらしき若衆」の最高位「宿老」に両大学あわせて19名が認定されました。
今後は、この事業のノウハウを基礎にして引き続き地域社会へ貢献できる人材を育成していく予定です。

本学大学COC事業についてはこちら