平成30年度学位記授与式がおこなわれました(2019.03.23)

2019年3月23日(土)、平成30年度学位記授与式が挙行され、3学部、大学院、留学生別科を卒業・修了する334名に学位記ならびに修了証書が授与されました。
河野学長からは、「赴任して初めての仕事として、歓迎の式辞を述べた皆さんと過ごした4年間は特別なものだった。これから社会人として、『他人に勝つよりまず自分に克つ、そして強く生きてください』と伝えたい。そして『使命感』を持って世のため人のため活躍し、『思いやりの心』をもって幸せな人生を歩んでほしい。」との祝辞があり、卒業生代表からは、「充実した4年間を過ごし、あっという間の出来事のように感じる。明日から自分の選んだ道へ進んでいくが、ここで学んだことを生かしこれからも日々努力していきたい」との謝辞がありました。
式後には、同級生や後輩たちと別れを惜しむかのように写真を撮ったり歓談する姿が見られました。今後、それぞれの進路でますます活躍してくれることと思います。