芸術学部メディア映像学科 松田博義助教が"西日本豪雨からの復興"を題材に漫画を制作中(2019.04.07)

漫画家で本学芸術学部メディア映像学科 松田博義助教(ペンネーム「かぼちゃ」)が西日本豪雨から復興に取り組む真備の人々を題材にした新作を制作中です。
松田助教は倉敷市真備町の出身で、自身も西日本豪雨で被災され、「被災の事実を忘れないことが大事。子どもや若者もなじみやすい漫画を通じて、より多くの人に伝えていきたい。」と話しています。被災地復興の思いが込められた漫画は、4月下旬にウェブなどで公開予定です。

また、松田助教の漫画制作について2019年4月7日の山陽新聞でも紹介されています。あわせてご覧ください。
■松田博義助教に関する記事についてはこちら