「平和学習」の授業で本学留学生と倉敷市立連島中学校2年生が交流しました(2019.07.05)

2019年7月5日(金)、倉敷市立連島中学校で開催された「平和学習」のパネル発表会に本学留学生7名が参加し、地元中学生との交流を行いました。

同校2年生の生徒さん達によって発表されたテーマは、「広島」や「長崎」、「沖縄」や「こども」、「核兵器」など様々。留学生らは熱心に耳を傾けて、質問をしたり意見を述べていました。
閉会式では、留学生から「祖父母の時代と今は考え方が違い、人と人が交流し、理解することが大切だと思う」と留学生による感想が述べられました。また母国での内戦体験にも触れ「平和について、みんなで考えることが出来てよかった」と生徒さん達に伝えました。

連島中学校の生徒さんと本学留学生の双方にとって大変勉強になった交流会となりました。