岡山県立芳泉高等学校との第2回目遠隔授業について(2019.11.21)

20191121日(木)、倉敷芸術科学大学芸術学部五十嵐英之教授及び学生1名が岡山県立芳泉高等学校の美術の授業として今年度第2回目の遠隔授業を行いました。

前回提示されたテーマ「そのドアをあけるとそこは○○だった」に対して、今回は制作途中の作品を講評するため、芳泉高等学校の生徒さんにプレゼンテーションをしていただきました。生徒さんたちは自分の作品に対してしっかりと受け答えされていました。
これから生徒さん達は今回の授業で得た意見やインスピレーションを生かし、今後作品の完成に向けて制作を進めていきます。

この単元の中には、残り1回遠隔授業が計画されています。

第1回目の遠隔授業の様子はこちら