新型コロナウイルス関連肺炎・渡航に関する注意について(2020.01.30)

学生の皆さんへ

令和元年12月以降発生が報告されている新型コロナウイルスについて、本学として当面、次のとおり対応することとしましたので、お知らせいたします。

なお、日々状況が変化していますので、厚生労働省外務省ホームページ等で常に最新の情報を確認するようにしてください。

令和2130
倉敷芸術科学大学
学長 河野 伊一郎

感染予防について

〇国内外を問わず、継続して各自で、うがい、石鹸による手洗い、マスクの着用、手指アルコール消毒使用等を励行し、感染予防に努めてください。
〇人ごみを避け、不要不急の外出は控えてください。

帰国もしくは渡航について

〇帰国・渡航する場合は、事前に海外旅行届出書を学生課へ提出してください
〇中国に滞在する方は、マスクを着用するなどの感染防御に努め、帰国時に発熱等の症状がある場合や、咳止め剤解熱剤を服用している場合は、検疫官に申し出てください。
〇帰国後2週間以内に、咳・発熱・呼吸器症状等がみられた場合、予め医療機関に問い合わせを行い、マスクを着用の上、指定された方法で受診するようにしてください。
〇受診にあっては、武漢市に滞在歴がある場合は、地域の保健所に連絡し、指定された方法で医療機関を受診してください。
〇卒業旅行等で海外に渡航を予定している学生は、感染が拡大しそうな地域への計画を考慮してください。
特に、中国湖北省全体の感染症危険レベルがレベル3(「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」)に引き上げられています。(2020年1月30日現在)

罹患した場合について

〇診断されたら大学の健康支援センターと学科のチューターに必ず連絡してください。

連絡先
健康支援センター

086-440-1003

①学生番号・氏名 ②医療機関を受診し、診断を受けた日 ③診断名

④症状・病状 ⑤治療状況 ⑥医師からの指示内容

をお尋ねします。

健康支援センターが

不在の場合

学生課:086-440-1122 教務課:086-440-1117

〇学校保健安全法第19条に基づき、出席停止となります。出席停止期間については、医師の指示に従ってください。
〇通学可能となったら、「診断書」もしくは「大学所定の意見書(学校感染症による通学許可に関する意見書)」を健康支援センターへ提出してください。
〇感染症による授業の欠席については、教務課にて手続きを行ってください。(印鑑必要)

 

<関連ホームページ>

〇厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp
 外務省 海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/
 〇国立感染症研究所ホームページ
https://www.niid.go.jp/niid/ja/