【動物生命科学科】卒業論文発表会が開催されました。(2020.02.14)

2020年2月14日(金)、2019年度 動物生命科学科 卒業論文発表会が開催されました。
当日は、各研究室に所属する4年生を始め、多くの学科の後輩たちも聴講しました。発表者はそれぞれ、1年間の成果を不安と緊張を抱えながらも精一杯、聴衆に伝え、白熱した議論を交わしていました。
発表演題は計14題。MVP(最優秀発表賞)に岡本麻子助教が指導している 動物生殖生理学研究室 の角野明日香さんと佐野克さんが選ばれました。研究テーマは「受精期卵管で発現するNeurotensin (NTS) の役割に関する研究―NTS依存的に発現する二次因子の探索と役割―」です。
発表者の皆さん、本当にお疲れさまでした。実に素晴らしい研究発表でした!

動物生命科学科についてはこちら