Withコロナ生活と避難(新型コロナウイルス感染症と避難)について

猛威を振るってきた新型コロナウイルス感染症はようやくその第1波が収束に向かいつつありますが、今後の第2波の流行拡大が心配されています。これからの日本では新型コロナウイルス感染症の拡大防止に努めるためにも新しい生活様式が求められています。そんな中でも災害は突然やってきます。初夏を目前にして沖縄、奄美地方がすでに梅雨入りし、日本列島も雨の時期を迎えつつあります。近年では、地球温暖化との関連も取り沙汰されていますが、梅雨前線の活発化や大型台風による集中豪雨による災害も増加しています。災害が少ないと言われてきた岡山県でも、一昨年の西日本豪雨では大きな被害を受けたことは記憶に新しいことです。新型コロナウイルス感染症の流行下でも災害に対する心構えは必要です。

西日本豪雨後には、危機管理学部として「避難生活を送るみなさまに」として、避難に関する注意事項を発信しました。今回は、新型コロナウイルス感染症流行下で避難を要するような豪雨が発生した際における、注意事項をまとめてみました。災害から身を守るには普段からの備えが大切で自助、共助が重要なのは言うまでもありません。Withコロナの生活下ではこれに加えて若干の注意が必要だと思われます。避難所はいわゆる三密になりやすい場所です。だからと言って豪雨時などの災害が予想されるときに避難しないという選択肢はないと思います。ではどうすればいいか考えてみましょう。

まず、事前の対策が必要です。普段から自宅周辺のハザードマップを確認しておくことが大切です。ハザードマップは自治体から配布されたり、自治体のホームページで確認したりすることができます。自宅の浸水予想が何メートルか、土砂災害危険地域に指定されているかなどを確認しましょう。

浸水予想が2メートル以上だったり、土砂災害危険地域に指定されたりしている場合は、避難情報に注意して早めに避難所に行くことが必要です。新型コロナウイルス感染症対策の一つとして、避難所を増やしている自治体もありますので、避難所の場所を再確認しておく必要もあるでしょう。避難に際して持っていくべきものも多くの自治体が例示していますので、それを参考にして、さらに、マスク、アルコール消毒液、体温計、ウエットティッシュ、使い捨てビニール手袋、などを通常の避難用品に加えて準備しておくことをお勧めします。避難所では、なるべく他の避難者との距離を取る、よく換気をする、こまめに手指の消毒をするなどの注意も必要ですが、避難所の係員の指示に注意して従ってください。

一方、自宅の浸水予想が2メートル未満で、かつ土砂災害危険地域に指定されていない場合は、降雨の状況にもよりますが2階などへの垂直避難を考えるのも選択肢の一つです。特に高齢者など災害時用救護者のいるご家庭では、早めに垂直避難(建物の2階や3階など上の階への避難)も積極的に利用することも重要だと思います。そのためには、普段から備蓄品を2階に用意しておく必要があります。水や非常用食料、それに上記のコロナウイルス対策用品も2階に置くようにしましょう。最近の住宅では、非常時に備えて天井から屋根への避難口を設けられている場合もあるようですが、万一に備えて確認をしておくと良いでしょう。

最近は多くの新聞や気象庁・自治体等のホームページに新型コロナウイルス感染症流行下での避難に関する注意が掲載されています。これらにも目を通して不測の事態に備えておくことを強くお勧めします。

危機管理学科NEWSはこちらから